プロフィール「伝説」 - 着物マスター山龍の素顔

ホーム プロフィール

着物マスター山龍「山石康裕」プロフィール

山石康裕

Photo by Nanako Nishiyama

1963年

京都の和装の刺繍工芸を扱う家に生まれる。子供の頃から、日常生活に着物があるライフスタイルの中で育つ。

1987年

アメリカンフットボールを核とした、怒濤の青春を経て、24歳で和装の染織原材料メーカー『箔蔵』を、染色の町・室町に立ち上げる。

1990年

「材料を売ってるだけじゃおもろない!」と、『工房山石』を立ち上げ、メーカーから委託を受ける形で、まずは振り袖から着物作りの仕事を始め大成功。

「いきなりあちこちから接待の嵐で、ばからしなって、2年でやめたわ」

留め袖の制作に切り替えるが、これも1年でやめる。

「テスタロッサで営業に回っていたら、この生意気なクソガキ、なめとんとちゃうか! ってことで、1か月で仕事が来んようになった」

1991年

金箔、銀箔などの需要の多い、帯を中心とした織物の町・西陣に本拠地を移す。ここでも、染めから刺繍などの加工まで一貫して請け負うようになる。28歳〜29歳の頃に、すでに和装の素材から製造までプロデュースする仕事をするようになるが、着物作りで毎日顔を合わせる職人が、いずれも高齢なので、この業界の限界を痛切に感じる。

毎年幕張で開催されるテキスタイル展にブースを出し、金銀糸のテキスタイルを展示。同世代のいる世界に惹かれ、和装業界からの撤退を決意。

たまたま参加した、日経新聞主催の経済セミナーで、大阪の大手呉服小売店の社長と出会い、またまた和装の業界に引き戻される。普通、呉服業界は、メーカー、産地問屋、京都の総合問屋、地方の問屋などを経由して小売屋に入るところを、『工房山石』が作り、ダイレクトに小売店に卸すことで、いいものを安くという戦略が大成功を収める。

「うちとその小売り店が組めば、業界の古い体質を変えられると信じとった」

1995年

販売会社『(株)山石』を立ち上げる。

1999年

作り手『工房山石』の理論:“いいもんを売りたい”と、小売店の理論:“売れるもんがいいもん”の間に溝が生じ、大手小売店と袂を分かち、自ら着物の制作・販売を始める。小売店の屋号を『上品屋(じょうぼんや)』とする。製造の中でも染めと織り、販売など全てが細分化されている業界の中で、唯一全体を見渡せる存在として、呉服業界の改革を目指す。また、『山石会』という勉強会をスタートさせ、若手の育成も始める。

2003年

140業種あると言われる、和装に関わる伝統工芸の技術を守るために、染織職人を育成し、着物の市場を開発する目的の『染織文化振興事業団』(非営利団体)を立ち上げる。2010年を目標に、京都に職人の後継者育成のための染織専門学校を開校を目指す。また、2004年から2007年までに、様々な自治体、報道関係、福祉団体の後援、協賛のもと、『染織文化展』という展覧会イベントを全国各地で40回開催。

2005年

東京・西麻布に『上品屋サロン』をオープン(2007年7月に閉店)。業界ただ一人、染め、織りの全てに精通したプロデューサーとして、新しい着物作りと着物を中心としたライフスタイルの提案に力を注ぐ。その作品は高い評価を得、総理大臣賞受賞6回、通産大臣賞受賞は10回に及ぶ。美智子皇后陛下のお召しになった『京鹿の子絞り』の着物や帯なども高い評価を得る。

2006年

10月にホームページ『山龍』を立ち上げ、Kimonoマスターとして、正しい着物の知識や、コーディネイトを提案。その歯に衣着せぬストレートなキャラクターが、ファッション誌や女性誌で注目を浴びる。

2007年

10月から、日本橋三越の『三越カルチャーサロン』の講師として、『目からウロコの着物セミナー』がスタート。着物の歴史から、日本史、技法に至るまで幅広い知識を生かした講座が人気を博し、現在も朝と夜の2つの講座を担当。他にも、三井不動産主催の大崎ゲートシティ『ワーカーズフォーラム』や、近畿日本ツーリスト主催のセミナーなど多数。

2008年

呉服屋という限られた特別な空間でなく、もっと気軽に着物に接してもらうためにと、セレクトショップ『ユナイテッドアローズ』の着物売り場をプロデュース。

2009年

4月に『京都上品屋目黒工房・山龍』を、東京・目黒にオープン。山龍作品や資料の展示の他、着付け講座やセミナーも行うなど、気楽に立ち寄れるサロンとして、活動の拠点とする。