イベントレポート - 展示会や着付け教室など、過去に開催された着物イベント報告

ホーム 山龍コーディネイト 現代に息づく古典に酔う

都会に映える着姿山龍Coordinate

Coordinate-32 現代に息づく古典に酔う

古典柄の素敵な着物には、羽織も絞りで粋に決めたいもの。
絞りの羽織はドレープがきれいに出るので、歩き姿がとてもきれいです。
着物の色と羽織の色とのコーディネイトが抜群。

セット価格¥4,150,000(仕立代込み・税別)

着物セット

本真綿坐織糊糸目『老松』

本真綿坐織糊糸目『老松』

本真綿の手織りの生地に筒描き(筒の中に入れた糊を絞り出して柄を描く)で松を糊伏せし、生地の白さで老松の柄を表現しています。京都御所の赤松を始め、日本の各所にある有名な松の木。決して艶やかな草木ではありませんが、逞しくうねる幹や、繊細な葉は日本人の美意識の極みです。

シルクロード柄錦袋帯

シルクロード柄錦袋帯

壁糸と呼ばれる糸で織り上げた錦の帯です。経糸によく使われる脇役の糸で表現することによって、マットな風合いがでています。

紅葉に縦縞

紅葉に縦縞

大正時代の版画の柄を使った、山龍オリジナルの帯揚げです。着物に使う柄を帯揚げにしてあるので、スカーフのような豪華さがあります。

丸組組紐

丸組組紐

黒の丸組の帯締めです。全体が同じ色合いなので、アクセントとして組紐の黒を効かせて、コーディネイトを引き締めます。

絞り

絞り

絞った生地を一度白黒に染め分けた後、また全体にチョコレートブラウンで染めた、絞りの羽織です。後ろを長めにして前上がりの裾つぼまりに仕立てると、きれいなドレープラインが出て、粋に着こなせます。

丸組

丸組

女性の羽織紐には珍しい丸組の羽織紐です。女性の場合、トンボ玉などを使いますが、重みで羽織のラインが崩れてしまうので、結ぶ形のものをオススメします。

< もどる