イベントレポート - 展示会や着付け教室など、過去に開催された着物イベント報告

ホーム 山龍コーディネイト 古典の香り漂うお正月の装い

都会に映える着姿山龍Coordinate

Coordinate-24 古典の香り漂うお正月の装い

伝統的な京友禅というものには、例えば皇室の衣装を見てもわかるとおり、
不変的な日本の美を感じまさせてくれます。
決して新しいわけではなく、決して最上位な物でもないけれど、
そこに“変わらぬことの美しさ”が存在するからでしょう。
その美をまとう贅沢を、お正月にこそ味わいたいもの。

セット価格¥1,480,000(仕立代込み・税別)

着物セット

梨綸子京友禅訪問着『七宝雲取(しっぽうくもどり)』

梨綸子京友禅訪問着
『七宝雲取(しっぽうくもどり)』

淡いピンクが艶やかな、贅沢な手描き友禅です。色数が抑えられているので、華やかでありながらとても上品。若い間にしか着られない着物ですが、何代も受け継いでいくことができる、不変のクオリティがあります。

錦袋帯『向鶴松竹梅(こうかくしょうちくばい)』

錦袋帯
『向鶴松竹梅(こうかくしょうちくばい)』

白地にくっきりと生える松竹梅の織り柄、現代風の錦織の袋帯です。ハッキリとした柄で京友禅の艶やかさを際立たす、古典でありながら今の時代に合ったコーディネイト。着物と帯のコントラストが素敵です。

総絞り雪輪柄帯揚げ

総絞り雪輪柄帯揚げ

総絞りの帯揚げは生地の厚みがあるので扱いにくいものですが、このような着物年齢の方なら、帯から大胆にのぞかせて使えるので、着膨れもありません。絞りにしか出せない、まろやかな優しさがあります。

本金伊賀組組紐

本金伊賀組組紐

組紐に本金という贅沢な帯締めです。もともと帯締めというのは、水引と同じく、着物や帯の祝いの祈りが身体の外に逃げないように〆たのが始まりでした。

< もどる