イベントレポート - 展示会や着付け教室など、過去に開催された着物イベント報告

ホーム 山龍コーディネイト 色無地を品格と個性で都会的に

都会に映える着姿山龍Coordinate

Coordinate-21 色無地を品格と個性で都会的に

昔から本疋田の帯は、粋筋の着こなしといわれてきました。
合わせる着物は、今回のような地紋色無地はもちろんのこと、江戸小紋でもよし、万筋でもよし。
帯にポイントをもってくる、まさに玄人好みの着こなしです。

セット価格¥680,000(仕立代込み・税別)

着物セット

紋織り色無地

紋織り色無地

発色のいいタイシルクを紋織りで織った灰白茶(ベージュ)の色無地です。着物の色は透明感が大事。そのためには良質の桑を食べてつくられる繭を養蚕する必要がありますが、残念ながら日本の繭では透明感ある艶やかな色には染まりません。そこで選んだのがタイの繭。繭の違いは化粧紙とざらばん紙ほどの違いとなって、生地の色を左右するのです。

本疋田染め袋帯

本疋田染め袋帯

色目も柄も、やわらかい印象の残る帯です。疋田という絞りで柄を表現する技術は日本独自のもの。普通の染め帯のように平面的ではなく、しかも、立体表現でありながら、織物より優しい表情に仕上がります。いろいろな帯を経験してきた方が好まれる、通好みの帯といえるでしょう。

唐草模様縮緬帯揚げ

唐草模様縮緬帯揚げ

唐草の柄を折り込んだ立体的な帯揚げです。帯よりも濃いめの色でコーディネイトを引き締めます。

絞縄組み組紐

絞縄組み組紐

黒と金のコントラストを際立たす、白が効いた組紐です。糸も金糸も束にして撚ってあるものを使って組んであるので、艶はなくマットな輝きが魅力です。

< もどる