イベントレポート - 展示会や着付け教室など、過去に開催された着物イベント報告

ホーム 山龍コーディネイト 色無地を品格と個性で都会的に

都会に映える着姿山龍Coordinate

Coordinate-19 色無地を品格と個性で都会的に

いまどきの初釜に着ていくなら、訪問着よりもこんな装いのほうがずっと素敵です。
もちろん、普段のおでかけもオッケー!
えび茶の色無地って難しいと思いがちですが、帯の選び方で、こんなにエレガントに着こなせます。

セット価格¥1,200,000(仕立代込み・税別)

着物セット

紋織り色無地

紋織り色無地

発色のいいタイシルクを紋織りで織ったえび茶色の色無地です。着物の色は透明感が大事。そのためには良質の桑を食べてつくられる繭を養蚕する必要がありますが、残念ながら日本の繭では透明感ある艶やかな色には染まりません。そこで選んだのがタイの繭。繭の違いは化粧紙とざらばん紙ほどの違いとなって、生地の色を左右するのです。

撚金織真綿刺繍袋帯(ねんきんおりまわたししゅうふくろおび)『雁に秋草』

撚金織真綿刺繍袋帯(ねんきんおりまわたししゅうふくろおび)『雁に秋草』

撚金織真綿刺繍袋帯
(ねんきんおりまわたししゅうふくろおび)『雁に秋草』

本真綿糸に本金や本銀を巻きつけた、安土桃山時代の金糸の作り方を復元して織った生地の上に、真綿を撚ってつくった色糸で手刺繍を施してあります。大正時代の版画集『美術海』の中から抜選した『雁に秋草』の絵柄は、シンプルでありながらノスタルジックでとても素敵です。

帽子絞り帯揚げ

帽子絞り帯揚げ

帯を引き立たせ、着物になじむワイン色の帯揚げをコーディネイト。帽子絞りの帯揚げは、昔からの定番で、1枚はもっていたいものです。

江戸組〆切文様組紐

江戸組〆切文様組紐

3本を合わせて、1本の帯締めに仕上げる古典的な組み方の組紐です。現代風に少し幅広になっているので、締めやすくゆるみにくいのが特徴です。

< もどる