イベントレポート - 展示会や着付け教室など、過去に開催された着物イベント報告

ホーム 山龍コーディネイト 色無地を品格と個性で都会的に

都会に映える着姿山龍Coordinate

Coordinate-18 色無地を品格と個性で都会的に

ちょっと、よそいき風なコーディネイトです。
格式ばった席でなくても、自分の周りだけ“よそいきの装い”の空気が漂よう……
そういう空間演出ができるようになれば、もう着物に着られてるのではなく、着こなしています。
周りに緊張感を感じさせずに、さり気なくオーラを醸し出す素敵な装いといえます。

セット価格¥400,000(仕立代込み・税別)

着物セット

紋織り色無地

紋織り色無地

発色のいいタイシルクを紋織りで織った灰白茶(ベージュ)の色無地です。着物の色は透明感が大事。そのためには良質の桑を食べてつくられる繭を養蚕する必要がありますが、残念ながら日本の繭では透明感ある艶やかな色には染まりません。そこで選んだのがタイの繭。繭の違いは化粧紙とざらばん紙ほどの違いとなって、生地の色を左右するのです。

葡萄唐草紋プラチナ畦織袋帯

葡萄唐草紋プラチナ畦織袋帯

地にプラチナの糸を使った、畦織り帯です。西陣の99%の織機が錦機(にしきばた)になってしまった現代に、畦織(あぜおり)の織物は貴重です。畦織りは錦のように平面的ではなく、明治、大正時代の織物のように立体感にあふれているのが魅力。プラチナ糸がグレードをより引き上げてくれます。

水紋総絞り帯揚げ

水紋総絞り帯揚げ

今や振袖用の韓国製絞りしか市場でみる機会がなくなってしまった絞りの帯揚げは、“はんなり”したコーディネートの肝です。

青銅箔糸丸組組紐

青銅箔糸丸組組紐

古典的な装いで、ほとんどの色目に合う色は“青銅”と呼ばれる青緑がかった色です。いにしえの青銅鏡の色を指します。

< もどる