イベントレポート - 展示会や着付け教室など、過去に開催された着物イベント報告

ホーム 山龍コーディネイト 色無地を品格と個性で都会的に

都会に映える着姿山龍Coordinate

Coordinate-13 色無地を品格と個性で都会的に

海老茶はとても艶やかな色です。
古来より吉兆の色とされ、セミフォーマルには抜群の存在感を発揮。
優しい色合いの帯との組み合わせで、結婚式のような改まった式服としてではなく、お呼ばれやパーティで、ドレスのような華やかさと優雅さを演出してくれる、クラシックなコーディネイトにまとめました。

セット価格¥275,000(仕立代込み・税別)

着物セット

紋織り色無地

紋織り色無地

発色のいいタイシルクを紋織りで織ったえび茶の色無地です。着物の色は透明感が大事。そのためには良質の桑を食べて作られる繭を養蚕する必要がありますが、残念ながら日本の繭では透明感ある艶やかな色には染まりません。そこで選んだのがタイの繭。繭の違いは化粧紙とざらばん紙ほどの違いとなって、生地の色を左右するのです。

正倉院鳳凰丸錦袋帯

正倉院鳳凰丸錦袋帯

代表的な国宝の正倉院柄の帯です。多くの織屋が挑戦している、インパクトの強い柄ですが、同系色の濃淡で織り上げたこの帯の配色なら、鳳凰も優しく映えます。

唐草文様染め帯揚げ

唐草文様染め帯揚げ

海老茶の着物にクリームの帯では色が離れすぎているので、このようなピンクの淡い色調の帯揚げで、全体の調和を取りました。

よろけ丸組

よろけ丸組

小豆色に海老茶のよろけアクセントの丸組の組紐です。シックになりすぎず、おしゃれ感を出してくれます。

< もどる