イベントレポート - 展示会や着付け教室など、過去に開催された着物イベント報告

ホーム 山龍コーディネイト 誰も着ていない大島紬の総絞り

都会に映える着姿山龍Coordinate

Coordinate-09 誰も着ていない大島紬の総絞り

山龍オリジナルの『結幡(ゆいはた)』は、
大島紬を疋田の総絞りにし、紫根で染めた着物です。
縦のラインを強調した縞柄に横間道の帯を組み合わせました。
縞on縞のコーディネイトも結幡なら、
粋な上に、重厚な上品ささえもかもし出します

セット価格¥1,000,000(仕立代込み・税別)

着物セット

結幡(ゆいはた)

結幡(ゆいはた)

しゃり感のある大島紬を疋田絞りの総絞りにし、白黒に染め分けた後、紫根で染めるという、非常に手間のかかった着物です。絞りなのに張りがあり、きりっとした着姿が都会の街並みに映えます。

横間道袋帯

横間道袋帯

畦織りの地に、柄の部分だけ櫛織りで緯糸を不規則に織り上げた粋で存在感のある帯です。使い回しが利き、年齢の幅も広いのも魅力。

総絞り帯揚げ

総絞り帯揚げ

平らな生地も絞ることで立体感のある1枚に仕上がります。凸凹により陰影や光沢が変わり、程よいアクセントになります。

江戸唐組

江戸唐組

唐の都から伝わったといわれる唐組。着物の世界で唐組や平組が“格がある”といわれるのは、帝(天皇)が儀式で締めるものだったからです。コーディネイトの品を高めてくれます。

< もどる