山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2019年07月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<時事     >>
  • 時事
    朝日は存在しているだけで国益に反します。

    だいたい、ジャーナリズムが中立、中立性が有るなんて言うのは幻想で、ジャーナリズムが中立だった時代も国もありません。そんなジャーナリズムがあれば教えてください。そのくせ日本のジャーナリズムは中立公平面するのが気に入りません。はっきり「うちは左翼です」と言い堂々と左翼思想を語ればいいじゃないですか。ただ、こうやってジャーナリズムを批判しても意味が無いので、なぜジャーナリズムが歪んだ報道をするのか考えます。一部の中国、韓国のスパイのような報道は別にして、多くのジャーナリストは歪んでないと思われます。また、質の低下を嘆いたところではじまらず、多くの誤った報道は無知から来ているとはいえ、貴社のクオリティは新聞が斜陽産業である以上、下がり続けます。彼らは権力から独立して報道しているというのは、単なる彼らの思い込みでしかなく、世界中の報道は大なり小なり権力の保護の基に存在し、特に日本では既得権の塊になっている産業です。既得権の塊なのに斜陽産業というのは、全く未来が無い、将来は存続しないという事で、新聞とテレビが与えてきた影響力は低下し続け、いずれ解体、倒産、買収となるでしょう。現在の新聞社の決算でいうと、会計士に社名を隠して見せれば、全員が不動産屋だと思うでしょう(笑)。それほど収益の劣化は激しく、言い換えれば日刊新聞法で守られた株主が趣味で自腹の新聞を発行しているというのが真実で、記者などその駒に過ぎません。これは右も左も、保守も革新(革新なんているのかねえ)も状況は同じで、まさに斜陽産業なのです。いずれゆっくりデータを出しますが、新聞の記事など飛行機事故くらいの確率しか当たりませんから、読者、視聴者はジャーナリズム公平性や中立性など求めず、娯楽としてみてくださればいいんじゃないでしょうか。国民は左巻きも右巻きも話を聞く、本を読む。日本の報道でも右左あるようにアメリカやヨーロッパでは、もっと左右に分かれ、尚且つ、新聞、テレビ、ラジオは法律で分離され日本のようにグループではないので、新聞、テレビ、ラジオが相互監視作用が働いていますから、海外の報道も右も左も読むことです。歪んだ情報源でバカになるのは勝手ですが、そういう方が下記のようなデモをするのです。ジャーナリズムが社会を映す鏡などという幻想を語るものは詐欺師と同じで片腹痛い話です。

    有益な情報を提供しておきます。

    20歳―70歳 50年払う

     所得×保険料率×年数=所得×02.×50=所得×10

    70歳―90歳 20年受け取る

     所得×所得代替率×年数=所得×0.5×20=所得×10

    保険料率と所得代替率は数学で言う密接な関係ですから、この計算が狂う可能性はかなり低く、可能性だけ取り上げれば「戦争で多くの犠牲者が出て出生率予想が大幅に狂った時」くらいしか考えられません。この計算が分からないような人が発言することは全てデタラメであり、テレビのコメンテータや芸能人が言うような情緒的な話は、不安を先導するだけの自覚のない詐欺師です。









    「生活できる年金払え」日比谷でデモ 政府の対応に抗議

    6/16(日)

     老後の資産形成における「2千万円不足」をめぐる政府の対応に抗議するデモ行進が16日、東京都千代田区の日比谷公園周辺であった。約2千人(主催者発表)が参加し、「生活できる年金払え」などと声をあげた。

     デモは、都内の会社員男性(35)がツイッターなどで呼びかけた。千葉県松戸市の自営業、横山卓典さん(30)は金融庁の審議会がまとめた報告書を麻生太郎金融担当相が受け取らない対応が不満という。「年金の不足を受け止めたうえで制度の在りかたを議論すべきなのに、選挙のために報告書をなかったことにするのは不誠実だ」と憤った。

     初めてデモに参加したという東京都中央区の主婦(30)は「『100年安心』と言っていたのに、十分な年金がもらえなくなるなんておかしい」と指摘。10カ月の子どもがいるが、「自分の老後も不安な状態では、安心して子育てもできない」と語った。(渡辺洋介)

    朝日新聞社

    | author : 山龍 | 12:07 PM |
<<時事     >>