山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2019年09月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<<時事     時事>>
  • 時事
    先週の記事ですが、メガと農林中金に金融庁が調査に入りました
    調査の理由はLCO(ローン担保商品)です
    LCOと言う商品の裏付けはレバレッジドローンという、ちょっとリスクの高い商品で
    レバレッジと言う名の通り、問題となるのはレバレッジの比率です
    銀行側はリスク分析していると言いますが、リーマンの時もリスク管理され信用評価も
    AAAだったものがガタガタと崩壊しました
    現代の国際金融は数多の金融商品が複雑に絡み合っており、一定の割合ならリバレッジド
    ローンもいいのですが、ちょっと買いすぎ。直近1年で倍ほどの残高に急拡大したために
    金融庁が異変を察知して動きました



    金融庁が3メガ銀や農林中金など一斉調査、CLO投資で
    谷口崇子、中道敬
    2019年2月28日 18:29 JST 更新日時 2019年3月1日 9:37 JST
    • 残高の大きかった農林中金、ゆうちょ銀、MUFGにはより重点的に
    • 2、3カ月後に再度一斉調査を予定-保有拡大の動きあれば個別調査
    米ローン市場の過熱に警戒感が広がる中、金融庁が今年1月、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)など3メガバンクや農林中央金庫など大手7銀行グループに対し、ローン担保証券(CLO)投資に関する一斉調査を実施していたことが2月28日に明らかになった。複数の同庁関係者が匿名を条件に明らかにした。
      今回の調査の対象金融機関はMUFG、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、りそなホールディングス、三井住友トラスト・ホールディングス、農林中金、ゆうちょ銀行。うち、事前調査でCLO投資残高の大きかった農林中金、ゆうちょ銀行、MUFGに対してはより重点的な調査を実施したという。
      具体的には、リスク分析や監視のシステムなど管理状況について調査したほか、10年前の金融危機時並みのストレスがかかった場合の損失規模について説明を受け、内容を精査した。関係者は、国際的にシステム上重要な銀行(G-SIB)に指定されている3メガ銀行などに加え、機関投資家として金融機関との契約を多数抱える農林中金、ゆうちょ銀で問題が発生した場合も金融システム全体に幅広く波及する恐れがあるとの認識を示した。
      米国では、CLOの裏付け資産となるレバレッジドローン(高リスクローン)の市場が過熱。利回りの高さが投資家の人気を集め、2018年の発行額は過去最大となった。18年末にかけて、イエレン前連邦準備制度理事会議長、エリザベス・ウォーレン上院議員らが次々と同市場のリスクを指摘。こうした事態を受け、金融庁はCLOに特化した調査に踏み切ったという。
      同庁関係者の1人は、最近、米国のレバレッジドローン貸付先企業で、自己資本に対する借入金などの割合を示す「レバレッジ比率」が上昇し、質が劣化してきていることに懸念を感じていると話す。こうした問題意識はすでに調査先に伝えており、金融庁は各グループのCLO保有について2、3カ月後に再度一斉に点検する方針だ。CLO保有に急拡大の動きなどがあれば個別の調査も検討する。
    リスクは管理
      農林中金の開示資料によると、CLOを含む債務担保証券(CDO)の保有残高は昨年12月末時点で6兆8219億円と、3月末時点の3兆8134億円から1.8倍に急増した。MUFG広報担当によると、CLO残高は同12月末で2兆5000億円程度で16年3月末時点と同水準になっているという。ゆうちょ銀の資料によると、同12月末の米CLO保有は1兆63億円と3月末時点から2倍に増えていた。3グループとも格付けは最上位のAAAだとしている。
      特に、農林中金は欧米のCLO市場で重要な投資家として圧倒的な存在感を持っている。欧州で今年新たに発行されたCLO8案件のうち6案件で購入者に名を連ねた。金融庁関係者は、農林中金は今回、ストレステストで納得できる結果を提出しており、現時点で管理状況には問題ないと判断していると述べた。
      一方で、農協など下部組織からの預金受け入れ時に市中より金利を上乗せする「奨励金制度」の存在が農林中金をより高収益に駆り立てていると認識しており、投資行動を注視しているとした。農林中金広報担当によると、平均の預金金利は約0.6%。これに比べ、三菱UFJ銀行の10年定期預金は年利0.01%となっている。
      東洋大学の野崎浩成教授は、CLOの発行残高が「結構なピッチで増えてきている」との認識を示した上で「クレジット市場の変調に対し、非常に脆弱(ぜいじゃく)な部分がある。また、流動性も高いようで低い。その意味で市場のクラッシュというものに対し脆弱性を持っている」と指摘。農林中金については「CLOそのものが危険だと言うつもりはないが、保有量のコントロールが必要な段階にきたと思う」と述べた。
      MUFGの広報担当者はリスクは厳重に管理しているとコメント。現在の保有分については市場リスクの量を常に計測しているほか、新規分についてはストレステストを実施し個別に確認しているとした上で、低金利環境の下、CLOは相対的に魅力的な投資対象だとの考えを示した。
      ゆうちょ銀行の大野利治執行役・財務部長は2月14日の会見で、市場や投資家のリスクに対する目線が厳しくなる中で、格付けが「AAA」のCLOは良い投資の選択肢の一つだと述べた。農林中金の広報担当はコメントを控えた。





    ただ、メガは良く知りませんが農中はCLOが主力商品となっています
    色々説明するより、下記のWSJの記事が分かりやすいので読んでください
    この記事で書かれてないことを上げれば、農中が政府系組織だという事です
    政府系金融の在り方としていいのか考えれば、もはや農中は民営化して、キッチリ利益を
    上げ、沢山納税させた方がいいに決まっています
    また、農水族が騒ぐんやろなぁ(笑)



    農林中金、米企業の財務状況にも大きな影響力
    世界のローン担保証券(CLO)市場で圧倒的な存在感を放つ
    2019 年 2 月 19 日 14:03 JST
     米国では今年1月、資金の借り手企業が厳しい状況に置かれた時期が数週間あった。12月の株価急落から一転し、事態は上向き初めていたものの、投資不適格級企業向けの市場の一部に問題が生じていた。
     そこに救世主として現れたのが、日本の農林中央金庫(農林中金)だ。
     創立95年の農林中金は農協や漁業協同組合などから66兆円を超える預金を集め、推定7000億ドル(77兆3500億円)の世界のローン担保証券(CLO)市場で大きなシェアを占めている。




     農林中金が保有するCLO資産は620億ドルと、米国の2大銀行ウェルズ・ファーゴとJPモルガン・チェースいずれのCLO資産をも上回る。その影響力は拡大しており、2018年10-12月には保有資産を約100億ドル積み増した。これは同期間の欧米のCLO発行総額の3分の1近くに上る。
     CLO市場は近年、活況を呈している。米国の金利上昇で銀行やその他長期投資家の変動金利債券への投資意欲が堅調なためだ。農林中金のCLO市場での存在感の拡大は、世界経済が不透明な中でCLOの魅力が増していること、そして投資の集中にはリスクがはらむことを浮き彫りにしている。
     農林中金のCLO市場での影響力の大きさは、不在時に痛感させられる。事情に詳しい複数の関係者によると、提案中の新たなCLO発行案件について農林中金が大口購入を検討していた間、市場は休止状態に陥った。農林中金が交渉の席に着くとようやく市場が動き始め、CLOの大規模発行が進んだという。
     農林中金はコメントを差し控えるとした。
    日本の農家の預金と米企業の財務が連動
     CLO市場は2014年から規模がほぼ2倍に拡大し、企業債務を過去最高水準に押し上げるのに一役買った。CLOの買い手は流動性を提供し、それによって借り手はレバレッジドローンを拡大し続けることが可能になっている。レバレッジドローンは企業が債務の借り換えや株式非公開化をはじめ、あらゆる資金を調達するために利用されている。
     これは、農林中金が日本の農家にとってだけでなく、米国の小売業者にとっても同じくらい重要になっているということだ。言い換えれば、日本の農業事業者の預金が、米企業の財務状況に密接に連動しているということだ。
     こうした世界の金融市場での意外なつながりは過去にも表面化したことがある。10年以上前の米住宅市場の崩壊は、サブプライムローン(信用度の低い借り手への住宅融資)を大量に保有していたドイツの中堅銀行の一団を窮地に陥れた。また2008年のアイスランドの銀行システム破綻は、東京からカリフォルニアまで世界各地の投資家を破産に追い込んだ。
     農林中金はこうした信用市場ににわかに登場したわけではない。少なくともCLOの購入は、日本の金利が1990年代に急落したあとの2000年代初めにさかのぼる。当時、日本の農家が開発業者に土地を売却して得た数十億ドルの資金の投資先として、海外市場に目を向け始めていた。そうしてCLOをはじめとする複雑なストラクチャードクレジット商品の専門知識を身につけた。




    約100兆円の総資産を保有する農林中金は、ニューヨークをはじめ投資先に近い場所に拠点を構えている。農林中金に詳しい複数の関係者によると、米国のビジネススクールに留学している職員らは、頻繁に米国のCLOマネジャーの元でのインターンシップなどを探している。
     金融危機の際、多くの欧米の銀行はCLOの購入を縮小した。しかし、農林中金は市場にとどまり、投資を続けた。
     農林中金は好みのうるさい顧客でもある。一緒に仕事をする約15~25人のCLOマネジャーのリストを常に確保しており、それ以外の数十人とは仕事をしないという。
     複数の関係者によると、CLOマネジャーは年に数回は農林中金と会うために日本を訪れている。
     彼らにとっては、農林中金のリストに載り、脱落しないことが何よりも重要だ。関係者の話では、農林中金の幹部は東京のオフィスからCLOマネジャーに電子メールを送り、融資を保有している企業について事細かく尋ねてくる。質問にすぐに答えられない場合、関係が損なわれる可能性があるという。
     CLO市場参加者の1人は、「(農林中金に)認めてもらうことは非常に価値がある」と話す。「市場が不安定化した場合でも、彼らは残るからだ」
    証券化規則の改正に注目
     一部の米大手行は、金利上昇によって他の市場でもっと稼げるようになったことから、ここ2年でCLO市場から手を引いた。しかし、農林中金は購入を加速させた。格付けが最も高いCLOのささやかな利回りでも、ほぼゼロ金利が続く日本で得られる利回りよりは高いからだ。
     農林中金の開示資料やS&Pグローバルのデータによると、2018年第1四半期(1-3月期)末以降の欧米の全CLO発行のうち約23%を農林中金が購入している。
     農林中金のCLO市場への影響力拡大を受け、投資家は近く予定されている日本の規制変更を注視している。銀行は特定の条件で証券化商品を保有する際にこれまでより多くの資本を確保することが要求され、CLOの保有コストが高くなる可能性があるためだ。
     金融庁は最終的な規制変更を3月に発表する予定。米法律事務所や融資業界団体は改正案に対して、農林中金が手掛けるタイプの投資への影響を最小限に抑える提案を行っている。


    | author : 山龍 | 12:01 AM |
<<時事     時事>>