山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2019年07月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<<時事     時事>>
  • 時事
    下記は朝鮮日報の記事です
    韓国政府が日本にある国連軍事司令部に呼び出されて
    何を言われたかと言うと、「これ以上、嘘をつくな」と
    照射問題で釘を刺されたということですが
    韓国政府は、国内にそんなこと言えませんから
    下記のような記事になったと言う訳です



    韓国外交・国防の要人、なぜ日本の国連軍後方基地を頻繁に訪問?
    国連軍司令部の解体説も
     2回目の米朝首脳会談を控え、韓国外交部と国防部(共に省に相当)の高官らが相次いで日本にある国連軍司令部の後方基地を訪問し、注目を集めている。外交部の金泰珍(キム・テジン)北米局長は30日から2日間の日程で、在日米軍司令部のある横田基地と、空母ロナルド・レーガンが配備されている横須賀基地を視察中だ。国連軍司令部のマーク・ジレット参謀長が同行している。これに先立ち、韓国陸軍のパク・チョンジン第1野戦軍司令官(大将)も昨年11月末に国連軍司令部の後方基地を訪問した。国防部と外交部の高官らはこれまで、北朝鮮への対応体制を点検するために、有事の際の韓半島(朝鮮半島)派兵を目的として創設された国連軍司令部の後方基地を視察してきた。しかし、最前線を担当する陸軍第1野戦軍の司令官が国連軍司令部の後方基地を訪れたのは異例だといわれている。昨年、米朝及び南北首脳会談が行われて以降、外交関係者の間では、国連軍司令部の解体を念頭に置いた重大な交渉が行われているとの説が流れていた。
     北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は昨年10月、国連総会での演説で「国連軍司令部は北南(南北)による板門店宣言の履行まで阻止するという不穏な動きを見せている」として、国連軍司令部の解体を要求した。今回の韓国高官らの訪日が国連軍司令部の解体と関連があるとの憶測が流れる中、韓国政府関係者は「(今回の訪問は)単なる視察」と説明した。
    東京= 李河遠(イ・ハウォン)特派員 , ヤン・スンシク記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版





    同じく韓国の聯合ニュースです
    韓国はEUとFTAを早くに結んでいますが、日本とEUが締結したEPAとは
    質も量も劣ります。どちらも貿易協定なのですが、FTAは物品に関わるもので
    EPAはサービス、資本も含み、TPPと同じく、関税だけじゃなく補助金、税制優遇
    知的所有権など包括的な条約で、韓国の政治、経済体制では結ぶことはできません
    「影響は軽微」と言うのは、実際は影響は甚大だと言ってるようなもので
    EUも国家ごと無くなる可能性が有る国相手に条約見直しなど応じません



    日欧EPAあす発効 韓国輸出企業への影響は限定的=KOTRA
    1/31(木)
    【ソウル聯合ニュース】大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は31日公表した報告書で、日本と欧州連合(EU)の2月1日の経済連携協定(EPA)発効により自動車など一部品目で日本企業の輸出競争力が強化されるものの、短期的に韓国企業の輸出全般に与える影響は限られると分析した。

     韓国のEU向け輸出は2017年に563億ドル(現在のレートで約6兆1300億円)、日本からの輸出は774億ドルだった。両国の輸出は機械、自動車、自動車部品、電子、光学・医療機器など多くの品目で競合する。

     韓国は日本より先にEUと自由貿易協定(FTA)を結んだため、欧州で韓国企業の価格競争力は日本を上回っていたが、この効果が日本とEUのEPA発効により打ち消される恐れがある。

     両国ともに主力の自動車の場合、韓国がEUに無関税で輸出できるのに対し、日本は10%の関税を課せられてきた。だが、EPAが発効すれば日本に対する関税は7年後に撤廃される。自動車部品に対する現行の3~4.5%程度の関税も、91.5%の品目はEPA発効とともに関税が即時撤廃となる。ただ、報告書は「(韓国の)自動車は日本車に対する関税引き下げで一部影響を受けるだろうが、韓日とも現地生産の割合が高いため影響は限定的」と分析した。

     機械、医療機器、電気機器もおおむね、韓国企業の輸出に対する影響は限られるとの見方を示した。

     報告書はその一方で、市場を巡る状況が今後変化する可能性もあるとし、「長期的には(韓国企業の)競争力強化に向け、環境配慮やデジタル化などEUの新産業需要に積極的に対応する必要がある」と提言した。

     KOTRAのキム・サンムク経済通商協力本部長は「(日本とEUの)EPAが韓国の輸出に及ぼす影響を綿密に検討し、韓国・EU間FTAによる先取りの効果を失わないよう、早めに対応すべきだ」と述べた。








    | author : 山龍 | 12:00 AM |
<<時事     時事>>