山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2019年07月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
     
  • 時事
    下記はロイターの記事で、記事、編集のクレジットはありませんが
    田巻が書いていると思われます

    こういう「ドキッと」する文頭で国民の洗脳を図るやり方は
    情報化時代には通用しませんが、国民は騙されなくても
    マスコミはバカだから騙され、経済ニュースなどを増税リードで
    解説することで既成事実化させようとします

    この‟OECDが!”というのは、財務官僚を退官しOECD事務局次長を務め
    現在は公益財団法人国際金融情報センター理事長に天下っている玉木林太郎氏が
    玉木氏の右腕だった中尾氏(現アジア開発銀行総裁)と組み、後輩の河野正道氏(
    現OECD事務局長)が財務省の意を汲んで言わせているものです
    ええ加減、隠居は引っ込んでほしいんですが(笑)、財務省は国民生活を顧みず
    将来的に消費税を26%まで上げる気ですから、もはや財務省を解体するつもりで
    政策を考えなければ落日国家になり下がるでしょう
    IMFもOECDも、財務省が税金を使って自作自演

    玉木氏など敵の数にも入らん相手ですが、一応記事を否定しておきます
    まず、ジェネリック等の後発薬などを含めた薬価については後日改めて書きますが
    薬価と負担は抜本改正に入ります。さらに、税収拡大の手段として消費税が望ましいと
    書いてありますが、昨日のブログのとおりで、こんなことを平気な顔で言えるのはバカ
    だからですが、隠居あたりが言うと、簡単に騙される自民党議員が多いのも事実です
    そして、今年10月に予定されている10%への引き上げの影響は、各種対策の効果に
    よって2014年の増税より大きくないとしているとありますが、前回の増税の前には
    全く影響がないと言ってたんですから、もはや発言権がありません

    毎回書いている通り、日本の財政再建は完了しています。理想は、安倍総理が増税を
    凍結し、日銀保有分の440兆円の国債を順次、無利子永年国債に切り替えると発表すれば
    国民が騙されている1000兆円の借金問題も解決し、心理的に好バイアスがかかりますから
    景気は2%インフレに向かうでしょう



    消費税最大26%まで引き上げを=OCED対日報告
    Reuters Staff
    [東京 15日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)が15日公表した対日経済審査報告書は、日本経済の人口減少に対して警鐘を鳴らし、プライマリーバランス(財政の基礎的収支)を黒字化するためには消費税率を最大26%まで引き上げる必要があると指摘した。日銀の金融緩和の継続やジェネリック(後発)医薬品の普及による医療費削減、外国人労働者の拡充なども提唱している。
    報告書は日本経済について、2050年までに人口が1億人程度まで減少することに伴う高齢化と債務拡大という長期の課題に直面しているとし、財政持続性を担保する具体的な計画を示すべきと指摘。税収拡大の手段として主に消費税が望ましいとしている。
    消費税のみにより十分な水準の基礎的財政黒字を確保するためには、税率を20━26%まで引き上げる必要があるとしている。今年10月に予定されている10%への引き上げの影響は、各種対策の効果によって2014年の増税より大きくないとしている。
    財政の持続性確保の手段として、社会保険料の改革の必要性を強調。在宅医療の拡充やジェネリック医薬品の利用拡大、環境関連税制の引き上げなどを挙げている。
    日銀の金融政策については、費用とリスクを緊密に監視しながら、物価上昇率が持続的に2%の目標を上回るまでの間、金融緩和を持続すべきとしている。日銀の国債保有額が国内総生産(GDP)の85%と、他国と比較して高い水準にある点も指摘している。
    金融監督当局について、金融機関に対し、リスク負担が増大している分野におけるリスク管理の改善を促すべきとしている。
    日本経済の先行きに関しては、貿易摩擦が企業の先行きを不透明にしており、投資にも影響している点を懸念。日本企業は中国の内需鈍化に対して脆弱、と指摘している。日本経済の民間消費を下支えするためには、基本給上昇率の引き上げが重要と強調している。
    また労働力人口が2050まで4分の1減少するとして、外国人労働者を増やすのが非常に重要とも指摘している。


    | author : 山龍 | 12:01 AM |