山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2019年12月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
     
  • 『 令和 』
    ようやく新元号が発表され日本は新たな時代へ走り出します
    これからの時代には、これからの時代の憲法が必要で、そんな簡単なことを批判する反日
    の方々も納得できるように、義務教育で「憲法」という学科を設け、憲法について
    これからを担う子供たちに、判断できるだけの知識を与えようじゃありませんか
    日教組というバカげた組織ができないというなら、別の組織を作り教員を派遣すれば
    いいのです。憲法云々と言ったところで、いったい、日本の大人が何人、憲法を
    読んだことがあるのでしょうか。知識もなく、反対。それが大方の護憲の方々です
    読めばわかります。このバカげた内容、日本人を愚弄した文章。苛立ちを感じない人は
    ちょっと何かがおかしい人です。他国の憲法と比べればわかります。平和を謳う日本国憲法
    が特別なものではなく、ありきたりなことを知るでしょう
    これからの時代は、これからを担う人が決めればいいのです

    下記は、ロイターの記事です。米朝会談でアメリカは北朝鮮に対し「すべての核を渡せ」
    といい、それを北朝鮮が拒んだという大雑把な経緯が書かれており、ワシントンの北朝鮮
    問題専門家が、アメリカのやり方を非難し、会談前から核施設増強に入っていた北朝鮮には
    触れないという、いかにもパンダ・ハガー(親中)な意見を述べていますが、トランプ政権
    の戦略は筋が通っており、「金はいいやつだ」と言う発言も、裏を返せば「いいやつだと
    思っていたが騙された」と発言を翻せるように仕組まれた言葉で、「騙されたから攻撃する」
    と民意誘導できる余地を残しています
    日本のマスコミの皆さん、憲法を改正し、中国と朝鮮に備えましょう




    全ての核引き渡しを要求、トランプ氏が金正恩氏に=関係筋
    Reuters Staff
    [ワシントン 29日 ロイター] - ベトナムの首都ハノイで開催された米朝首脳会談が物別れに終わった2月28日に、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に、全ての核兵器と核燃料を引き渡すよう求めていたことが明らかになった。
    トランプ大統領が金委員長に手渡した文書をロイターが入手した。
    関係筋によると、米国が求める「非核化」とは何を意味するか、その定義をトランプ大統領が金委員長に直接伝えたのはこれが初めて。
    これまで米側も北朝鮮側も会談が決裂した理由を明確に説明していないが、この文書が一因となった可能性がある。
    同文書の存在はボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が首脳会談後のテレビインタビューで言及していた。ただ核兵器と核燃料の引渡しを求めたことは明らかにしていない。
    専門家は文書について、ボルトン氏が主張してきた「リビア方式」による北朝鮮の非核化を求めるものとみている。北朝鮮はリビア方式を繰り返し拒否しており、金委員長は挑発的で侮辱されたと感じたのではないかという。
    関係筋によれば、文書は米国が考える「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」の簡潔かつ明確な定義を北朝鮮側に示す狙いがあった。
    ホワイトハウスはコメントの求めに応じていない。米国務省はコメントを控えた。
    ロイターが入手した英語の文書は「北朝鮮の核施設、化学・生物兵器プログラムとこれに関連する軍民両用施設、弾道ミサイル、ミサイル発射装置および関連施設の完全な廃棄」を求めている。
    さらに(1)核開発計画の完全な申告と米国を含む国際査察団の全面的な査察受け入れ(2)あらゆる核関連活動の停止と新規の関連施設の建設中止(3)全ての核関連施設の廃棄(4)核開発に携わる科学者・技術者の商業部門への異動、を要求した。
    ワシントンのシンクタンク、スティムソン・センターの北朝鮮問題専門家であるジェニー・タウン氏は、文書は驚くような内容ではないとした上で「ボルトン氏が当初から求めていたもので、うまくいかないのは明確だ。米国が(北朝鮮との)協議に真剣なら取るべき手段でないと学んでしかるべきだった」との見方を示した。
    同氏は「これまでに一度ならず拒否された提案だ。これをまた持ち出すのは侮辱的だ」と述べ、交渉のたたき台にはならないと指摘した。


    | author : 山龍 | 12:01 AM |