山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2019年10月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
     
  • 時事
    3月7日、今日にあたるんですが「国際将来加速器委員会(ICFA)」と「リニア
    コライダー国際推進委員会(LCB)」の合同会議開催されます

    ここで以前も書いた、岩手県北上山地が候補地となっている素粒子実験施設「国際リニア
    コライダー(ILC)」の誘致実現には、日本政府が国際協議開始の意思表明(EoI=
    Expression of Interest)の期限とされる3月7日に国際会議で表明しなければなりません
    超党派の議連、自民党議連など、科学に疎い(笑)方々が誘致活動で動き、共産党、立憲民主
    党などの野党と、左翼で共産党員が多い日本学術会議と言う旧態依然とした学会が反対に
    動いていました

    推進派の議連は日本の将来を担う科学や技術の開発に理解を示す方が多いのですが
    中には、中身がカラッポで当初予算で予定される8000億円に目が眩んでいる方も
    います(笑)
    日本学術会議と言うのは、とかく反日運動が盛んな方々で、公安がマークしている方も
    チラホラいるような、自称「リベラル」な左翼の方々です
    彼らの反対の理由は、至ってシンプルで、国際リニアコライダー(ILC)なんてできたら
    自分たちの価値が下がってしまうという自己利益の保身です
    日本の学界にありがちな話で、多くの日本人ノーベル賞学者がいる研究分野であるにも
    かかわらず、受賞学者は日本学術会議に名を連ねていません(笑)。要は、妬みです
    日本学術会議は三つの部会で形成され、能書きはいろいろあるんですが、早い話が学閥です
    1部の東大閥、2部の京大閥、3部の東北大閥で、彼らの反対理由を聞くと耳を疑いたく
    なります。「財政難の日本で8000億円以上つぎ込み、それに見合う成果が得られるのか
    どうかわからない」から反対していると(笑)
    これ、科学者の発言とは思えないですよね。基礎研究なんて100の内、2つ3つ当たれば
    いいという前提で未来に挑戦するものですが、日本学術会議は未来より学閥が大事だそう
    です

    前にも書いた通り、ILCで得られるメリットは数多あり、今、世界中を巻き込んで争われて
    いる5G通信技術の次の次の次(笑)、29年、30年後以降の次世代技術も含まれます
    予想していたことですが、左翼と左翼系新聞の抵抗や財務省からの圧力が大きく、なかなか
    予算付けができませんでしたから、あとは官邸が特別予算を組み長期債を発行する決断を
    するのかしないのか、結果は数時間後にわかります


    | author : 山龍 | 12:00 AM |