山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2019年03月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
     
  • 時事
    昨年の暮れ、ついにFRBはやってしまったんちゃうっって思ってました

    FRBは12月18、19日のFOMC(連邦公開市場委員会)で利上げを決定し、政策金利で
    あるFFレートは2.25~2.5%の水準になりました
    トランプ政権の経済閣僚から再三の利上げ見送り要請があったにもかかわらず
    パウエルFRB議長は利上げに踏み切ったんですが、これを引き金に世界の株価は軒並み
    暴落を加速させました
    その下げ幅はリーマンショック以来の大幅なものになってしまい、日経新聞も「リーマン
    以来の…」と言う書き出しで記事を書きました

    これまでFRBは、バーナンキ、イエレンと一流の経済学者を議長に据え、慎重に利上げ
    を進めてきました
    特に、イエレン元議長は近年では最も優秀だと思います
    経済は生き物ですから何度かの紆余曲折はあったものの、利上げとFRBの資産圧縮を
    段階的に進め、「金融政策の正常化」が実現する直前までこぎつけました
    しかし、今回の利上げは、これまでのバーナンキ、イエレン両体制の努力を水の泡に
    してしまうリスクをはらんでいます
    しかも、同時に、トランプ大統領が掲げる経済政策である「トランポノミクス」をも
    失敗させ、もしかすると、2020年の大統領選におけるトランプ大統領の再選をも頓挫
    させることに繋がりかねないものです
    下手をすれば、リーマンショック直後、各国が協調して緩和政策を採る中、何の行動も
    起こさず、円高と株価暴落を招き日本中を不幸にした白川日銀以来の金融政策失敗事例
    として歴史に名を刻む可能性もあります

    米国経済に対するトランプ大統領とFRBの見解の違いについては、今までも平行線を
    たどってきた経緯があります
    今回のFRBの金融政策が今後の米国経済にもたらすことになるのかもしれない
    「カタストロフィー」を考えるうえで、参考になるのが、「1937年大不況」です
    「1937年大不況」とは、1929年10月の株価暴落に始まる世界大恐慌(世界的デフレ)
    に対する政策対応として1933年以降続いてきたリフレーション政策が、1937年に
    解除され、本格的に出口政策が始まった途端に、米国経済が急激に失速し、再び深刻な
    デフレに見舞われてしまった出来事を指します
    これ以来、アメリカはデフレを戦争と同じくらい危険なものと認識しました
    戦死と自殺の違いはあるとはいえ、戦争と同じくらい多くの人が死ぬのです
    特に当時の「出口政策」において、FRBによる金融政策の失敗が米国経済に再デフレを
    もたらした可能性が高いというのが、近代の経済学の認識です
    したがって、バーナンキ元FRB議長の「テーパリング宣言」以来、FRBがどのように
    出口政策を進めていくかに世界中の経済学者はもちろん、市場関係者や政府も注目して
    きましたし、「トランポノミクス」成功のためには、ある程度、FRBがトランプ政権の
    拡張的な財政政策に同調する必要があると考えられるので、米国の出口政策は極めて
    緩やかなペースで行えば成功すると考えられていましたが、トランプ大統領が指名し
    イエレン氏の代わりに就任したパウエルFRB議長は、法律家上がりらしく原理原則を
    貫き、机上論で事を進めているようです
    FRBも当然、1937年大不況の教訓を学んでいるはずです
    慎重な金融政策に終始し、トランプ政権の下、経済の正常化を実現させることを
    期待しましたが、今回の利上げによって、一転、トランポノミクスが成功する確率は
    かなり低下したのではないかと日本政府も懸念しています
    つまり、パウエル議長は「1937年大不況の再来」のトリガーを引いた可能性があります

    日本の報道で一言
    日経新聞はいつものクオリティで、米大統領にはFRB議長をクビにする権限はないと報道してましたが
    一部の識者から、法律を読めと諭されたのか、現在は黙っています
    ほとんどの国の法律では、「任命権」があるものは当然クビも取れるようになっています
    これは原理原則、さすが日経(笑)



    | author : 山龍 | 12:00 AM |