山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2018年05月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
     
  • 時事
    昨日の追加


    一般には、通貨高により通貨危機が起きるというのも変な気がしますが、韓国の場合
    1997年、2008年、2010年にそれが起きました
    ウォン高などが原因で貿易収支が赤字化すると、あるいは黒字でもその幅が減少すると
    通貨危機の恐れから資本逃避が発生したのです
    韓国は近年、債権国に転じましたが、資本の蓄積がまだ薄く資本に逃げられやすい体質で
    金融が弱く外資に銀行の株を占められています
    それに、これから本格化するであろうウォン高は、ウォンが買われて――つまりドルが
    流入してのウォン高ではありません
    韓国政府がウォン安誘導を禁じられた結果としての、筋の悪い悪質通貨高なのです
    「ウォン高に続く資本逃避」が起こっても不思議ではありません

    そもそもドルは利上げ局面に突入しています
    すでに韓国は資本逃避が発生しかねない状況に突入していたのです
    ここでも2度書きました通り、韓国はキャピタルフライトを防ぐため金利を上げています
    それに輪をかけて、為替要因以外でも、輸出が減少する可能性が高まっています
    まずは米韓FTAの改定に伴い、韓国の鉄鋼輸出に歯止めがかけられたこと
    さらには、米中貿易摩擦が激化する中で、中国が一部の半導体の輸入先を韓国から米国に
    シフトすると決めたとされることです
    半導体の輸出が全体の15%前後を占める韓国にとって大打撃となっています
    貿易黒字が減れば韓国の格付けが下がる可能性が増し、資本逃避の狼煙になりかねず
    世界の有力格付け会社のほとんどが米国の会社ですから、格付け会社は韓国政府より
    アメリカ政府に阿るでしょう

    以前も、反米を売り物にして当選した左派の盧武鉉大統領は就任直前にムーディーズに
    格付けを下げられました
    資本逃避を恐れた盧武鉉大統領はブッシュ大統領に会った際、恭順の意を表明せざるを
    得なかったと、当時、盧武鉉政権の中枢にいた文在寅氏が回顧録で告白しています
    文在寅政権も発足の少し前に「反米・反日政策をとると、また格付けを下げられるぞ」と
    米国のアジア専門家から脅されました
    「通貨危機に陥る」とまでは書きませんが、韓国の保守系紙は一斉に「文在寅政権の
    親北政策が米国との関係を悪化させた」と批判に乗り出しています
    東亜日報の「核の解決で異論を持つなとのトランプの警告」(3月31日)や朝鮮日報の
    社説「韓国に北の側に立つなと警告したトランプ」(3月31日)です

    これを書いてる現段階では、韓国政府の『段階的核放棄』や親北に変化はありません
    そうである以上、何度も拒否しているにもかかわらず3月から必要に求めてきている
    日韓通貨スワップは、韓国に対する日本の一つの武器となります
    金融が弱く外貨が乏しい韓国は日本にスワップを断られて以降、中国、フィリピン、
    カナダ、インドネシアとスワップを締結しましたが、通貨危機でそれらの国の通貨は
    役に立ちません
    危機にはドルか円。他の通貨は役立たないのです


    | author : 山龍 | 12:00 AM |