山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2018年10月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
     
  • 時事
    アメリカは非核化を巡り、韓国が中国・北朝鮮側に寝返ったと受け止めました
    怒った米国は経済を武器に韓国を圧迫しています

    トランプ大統領が文在寅大統領を公然と脅しました(笑)
    3月29日のオハイオ州での演説で、大筋合意していた韓国とのFTA改定交渉について
    「北朝鮮との取引が成立するまで棚上げするかもしれない」と語りました
    ホワイトハウスの「Remarks by President Trump on the Infrastructure Initiative」
    (3月30日)で発言全文を読めます

    ポイントは以下です
    • I may hold it up until after a deal is made with North Korea.
    • Because it’s a very strong card, and I want to make sure everyone is treated fairly and we’re moving along very nicely with North Korea.

    トランプ大統領は「それ(FTA改定)はとても強力な(韓国との交渉)カードだ。
    誰もが公正に扱われるべきだし、我々は北朝鮮と上手くやっていくだろう」とも語りました
    要は北朝鮮との非核化交渉を念頭に、韓国を脅すムチとしてFTA改定交渉を今後も
    活用する、と言ったのです(笑)

    韓国が米国を裏切って北朝鮮を応援し始めたと捉えたアメリカ政府の韓国への報復です
    3月末の中朝首脳会談で両国は「段階的な非核化」で合意しました
    厳密に言うと、会談の場で「段階的で同時的な措置が非核化問題を解決する」と語ったのは
    金正恩委員長でした
    ただ、新華社が発言をそのまま伝えたので中国も「段階的な解決」を支持したと見なされ
    ました。人民網の「習近平同金正恩挙行会談」(3月28日)で読めます

    「段階的な解決」はトランプ政権がもっとも警戒する北朝鮮の手口です
    1993年以降、北朝鮮は何度も小出しに譲歩するフリをしては米国の軍事的な圧迫や
    経済制裁を緩和させたあげく、最後には非核化の約束を破ってきました
    トランプ政権はそんな時間稼ぎを許すつもりはありません
    北朝鮮に完全に核を廃棄させる「一括妥結」方式で解決する方針です

    文在寅大統領もトランプ大統領との3月16日の電話協議で「過去の失敗に起因する
    憂慮に徹底的に備えたい」と語り「一括妥結」で米国と足並みをそろえると表明していたのです
    文在寅大統領のこの発言は朝鮮日報の(「『ゴルディウスの結び目を断ち切る非核化』と
    言っていたのに……中朝会談後、後退の兆し」(3月30日)などが報じました
    ところがその韓国が突然に態度を変え「段階的な解決」を言い始め、アメリカから見ると
    北朝鮮側に回り、一緒になって米国を封じこみ始めたと捉えました

    このままでは4月27日の南北首脳会談で「段階的な解決」が合意され、5月末に開く
    『予定』の米朝首脳会談までに、中国やロシアも加わってそうした流れを作られかねない
    と警戒したアメリカが、これはまずいと考え韓国を抑え込みにかかったのです

    中朝首脳会談がきっかけで「段階的な解決」がうたわれ、それが明かされたのが3月28日
    翌3月29日、青瓦台の金宜謙報道官は「段階的な解決」に関し論評を避けました
    本来なら真っ向から批判すべきところですが、意図的に避けたのです
    朝鮮日報は報道官の沈黙も含め、青瓦台の微妙な空気の変化を読み取って「文在寅政権が
    姿勢を変えるぞ」と報じています

    「『ゴルディウスの結び目を断ち切る非核化』と言っていたのに……中朝会談後、後退の
    兆し」(3月30日)がそれです
    3月30日には青瓦台の匿名の高官が、記者との会見で以下のように語るに至りました
    米国の主張する「一括妥結」をはっきりと否定したのです
    • 北朝鮮の核問題が25年間続いているが、電源コードを抜けばテレビが消えるように一括妥結宣言をすれば非核化が終わるものではない。検証と核廃棄は順々に踏んでいくしかないのが現実だ

    発言は中央日報の「青瓦台、『北核解決法』で米と不協和音…『テレビの電源コードを
    抜くように?不可能』」(3月30日)などで読めます
    だからトランプ大統領は、大筋で合意したはずの米韓FTAの改定も保留する
    「もし、北朝鮮の時間稼ぎに協力したら、経済面で報復するぞ」と韓国を脅したのです

    このやり方は韓国経済を窒息させる――通貨危機に陥れることも可能です
    まず、米国は韓国を含む各国に対し、鉄鋼とアルミニウムの輸入関税を上げると
    威嚇しました
    韓国はこの脅しに屈し、3月27日までにFTAの見直しに原則合意
    米国製自動車に対する非関税障壁をなくすほか、鉄鋼に関しては関税引き上げ対象から
    外す見返りに米国への輸出量を減らすと譲歩しました
    米国政府は、不公正な競争優位を生んできた韓国政府の為替操作をやめさせ
    透明性ある説明可能な仕組みを約束させたとも発表しています

    ホワイトハウスの「President Donald J. Trump is fulfilling his Promise on the U.S.-
    Korea Free Trade Agreement and on national Security」(3月28日)の最後のくだりです
    • On a separate track, the Treasury Department is finalizing an understanding with South Korea to avoid practices that provide an unfair competitive advantage.
    • The provisions of the understanding include strong commitments on exchange rate practices, robust transparency and reporting, and a mechanism for accountability.

    韓国経済新聞は「FTAに続いて為替も米国に譲歩?『韓国版プラザ合意』懸念高まる」
    (3月30日)で「これこそ、円とマルクを強引に切り上げさせたプラザ合意のウォン版だ」
    と悲鳴をあげました
    これは異様な合意です
    「プラザ」のように、為替の問題は多国間で取り決めるのが普通です
    しかし、今回は米国は韓国に2国間の取り決めで「為替操作しない」と約束させたのです
    この合意は2国間対等交渉とは言えず、主従関係があると世界に発信されました
    いずれにせよ、これでウォン高基調となり、それが続けば韓国は通貨危機に直面する
    可能性が出てきました
    ウォンの対ドルレートは3月の最終週から上昇に転じています
    金正恩委員長の訪中説(3月27日)、中朝首脳会談の正式発表(3月28日)、米政府の
    「為替操作禁止」の発表(3月28日)、南北首脳会談の開催日決定(3月29日)など
    ウォン高要因が相次いだからです
    そこに3月29日のトランプ大統領の威嚇発言
    これを受け、4月に入ってもウォン高傾向が続いています





    | author : 山龍 | 12:00 AM |
  • 時事
    アメリカは非核化を巡り、韓国が中国・北朝鮮側に寝返ったと受け止めました
    怒った米国は経済を武器に韓国を圧迫しています

    トランプ大統領が文在寅大統領を公然と脅しました(笑)
    3月29日のオハイオ州での演説で、大筋合意していた韓国とのFTA改定交渉について
    「北朝鮮との取引が成立するまで棚上げするかもしれない」と語りました
    ホワイトハウスの「Remarks by President Trump on the Infrastructure Initiative」
    (3月30日)で発言全文を読めます

    ポイントは以下です
    • I may hold it up until after a deal is made with North Korea.
    • Because it’s a very strong card, and I want to make sure everyone is treated fairly and we’re moving along very nicely with North Korea.

    トランプ大統領は「それ(FTA改定)はとても強力な(韓国との交渉)カードだ。
    誰もが公正に扱われるべきだし、我々は北朝鮮と上手くやっていくだろう」とも語りました
    要は北朝鮮との非核化交渉を念頭に、韓国を脅すムチとしてFTA改定交渉を今後も
    活用する、と言ったのです(笑)

    韓国が米国を裏切って北朝鮮を応援し始めたと捉えたアメリカ政府の韓国への報復です
    3月末の中朝首脳会談で両国は「段階的な非核化」で合意しました
    厳密に言うと、会談の場で「段階的で同時的な措置が非核化問題を解決する」と語ったのは
    金正恩委員長でした
    ただ、新華社が発言をそのまま伝えたので中国も「段階的な解決」を支持したと見なされ
    ました。人民網の「習近平同金正恩挙行会談」(3月28日)で読めます

    「段階的な解決」はトランプ政権がもっとも警戒する北朝鮮の手口です
    1993年以降、北朝鮮は何度も小出しに譲歩するフリをしては米国の軍事的な圧迫や
    経済制裁を緩和させたあげく、最後には非核化の約束を破ってきました
    トランプ政権はそんな時間稼ぎを許すつもりはありません
    北朝鮮に完全に核を廃棄させる「一括妥結」方式で解決する方針です

    文在寅大統領もトランプ大統領との3月16日の電話協議で「過去の失敗に起因する
    憂慮に徹底的に備えたい」と語り「一括妥結」で米国と足並みをそろえると表明していたのです
    文在寅大統領のこの発言は朝鮮日報の(「『ゴルディウスの結び目を断ち切る非核化』と
    言っていたのに……中朝会談後、後退の兆し」(3月30日)などが報じました
    ところがその韓国が突然に態度を変え「段階的な解決」を言い始め、アメリカから見ると
    北朝鮮側に回り、一緒になって米国を封じこみ始めたと捉えました

    このままでは4月27日の南北首脳会談で「段階的な解決」が合意され、5月末に開く
    『予定』の米朝首脳会談までに、中国やロシアも加わってそうした流れを作られかねない
    と警戒したアメリカが、これはまずいと考え韓国を抑え込みにかかったのです

    中朝首脳会談がきっかけで「段階的な解決」がうたわれ、それが明かされたのが3月28日
    翌3月29日、青瓦台の金宜謙報道官は「段階的な解決」に関し論評を避けました
    本来なら真っ向から批判すべきところですが、意図的に避けたのです
    朝鮮日報は報道官の沈黙も含め、青瓦台の微妙な空気の変化を読み取って「文在寅政権が
    姿勢を変えるぞ」と報じています

    「『ゴルディウスの結び目を断ち切る非核化』と言っていたのに……中朝会談後、後退の
    兆し」(3月30日)がそれです
    3月30日には青瓦台の匿名の高官が、記者との会見で以下のように語るに至りました
    米国の主張する「一括妥結」をはっきりと否定したのです
    • 北朝鮮の核問題が25年間続いているが、電源コードを抜けばテレビが消えるように一括妥結宣言をすれば非核化が終わるものではない。検証と核廃棄は順々に踏んでいくしかないのが現実だ

    発言は中央日報の「青瓦台、『北核解決法』で米と不協和音…『テレビの電源コードを
    抜くように?不可能』」(3月30日)などで読めます
    だからトランプ大統領は、大筋で合意したはずの米韓FTAの改定も保留する
    「もし、北朝鮮の時間稼ぎに協力したら、経済面で報復するぞ」と韓国を脅したのです

    このやり方は韓国経済を窒息させる――通貨危機に陥れることも可能です
    まず、米国は韓国を含む各国に対し、鉄鋼とアルミニウムの輸入関税を上げると
    威嚇しました
    韓国はこの脅しに屈し、3月27日までにFTAの見直しに原則合意
    米国製自動車に対する非関税障壁をなくすほか、鉄鋼に関しては関税引き上げ対象から
    外す見返りに米国への輸出量を減らすと譲歩しました
    米国政府は、不公正な競争優位を生んできた韓国政府の為替操作をやめさせ
    透明性ある説明可能な仕組みを約束させたとも発表しています

    ホワイトハウスの「President Donald J. Trump is fulfilling his Promise on the U.S.-
    Korea Free Trade Agreement and on national Security」(3月28日)の最後のくだりです
    • On a separate track, the Treasury Department is finalizing an understanding with South Korea to avoid practices that provide an unfair competitive advantage.
    • The provisions of the understanding include strong commitments on exchange rate practices, robust transparency and reporting, and a mechanism for accountability.

    韓国経済新聞は「FTAに続いて為替も米国に譲歩?『韓国版プラザ合意』懸念高まる」
    (3月30日)で「これこそ、円とマルクを強引に切り上げさせたプラザ合意のウォン版だ」
    と悲鳴をあげました
    これは異様な合意です
    「プラザ」のように、為替の問題は多国間で取り決めるのが普通です
    しかし、今回は米国は韓国に2国間の取り決めで「為替操作しない」と約束させたのです
    この合意は2国間対等交渉とは言えず、主従関係があると世界に発信されました
    いずれにせよ、これでウォン高基調となり、それが続けば韓国は通貨危機に直面する
    可能性が出てきました
    ウォンの対ドルレートは3月の最終週から上昇に転じています
    金正恩委員長の訪中説(3月27日)、中朝首脳会談の正式発表(3月28日)、米政府の
    「為替操作禁止」の発表(3月28日)、南北首脳会談の開催日決定(3月29日)など
    ウォン高要因が相次いだからです
    そこに3月29日のトランプ大統領の威嚇発言
    これを受け、4月に入ってもウォン高傾向が続いています





    | author : 山龍 | 12:00 AM |