山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2018年08月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
     
  • 時事
    希望と民進が再びくっつき、もっともらしい屁理屈を会見で述べてましたが
    再合流の理由は支持母体の労働組合からの圧力です

    日本の労組については本が書けるほどややこしいのですが、労組は何を目指しているんでしょうか
    5月1日は労働者の祭典といわれるメーデーでした
    国内の労働団体は、経済の現状や労働者のニーズを汲み取れているのか
    労働組合のあり方や政治との関係を考えてみます

    経団連が発表した今年の春闘の月例賃金に関する第1回集計(13業種68社)では
    働いた年数に応じて基本給が増える定期昇給(定昇)と、基本給を一律に引き上げる
    ベースアップ(ベア)を合わせた大手企業の賃上げ率は平均2・54%(金額8621円)
    でした
    安倍総理が経済界に求めた3%の賃上げは数社を除き至りませんでした
    しかし、この20年の過去の結果を振り返れば上々の結果です
    3%の根拠は失業率が下限であるNAIRU(インフレを加速しない失業率で、今の経済
    であれば2%半ば)に近づくと、一定のタイムラグの後に賃金は上がり出すのは経済学の
    常識となっています(未だに日銀はわかってない、或いは認めてませんが)

    総理が経済界に賃上げを求めることについてマスコミでは「官製春闘」とネーミングし
    何か悪い事でもしているように報道しますが、単なる反安倍の報道で、マスコミが
    アベノミクスを全く理解していないことの表れです
    何度もここに書いている通り、『アベノミクスはリベラル政策』であり、安倍総理の
    イメージを作り出そうとマスコミが報道する保守政策ではありません
    本来、アベノミクスで行われている政策提言は労働組合や左派政党が行うべきことで
    左派野党の経済音痴を逆手に取った安倍総理の政策決断でした
    金融政策が雇用を作ることができることを知っていた安倍総理のアベノミクスによって
    政権発足以来5年連続して賃上げ要請をしています

    賃上げは、十分な金融緩和があり、雇用が逼迫した結果として実現したもので
    お株を奪われた左派系マスコミは、やり過ぎだと批判しますが、安倍総理は
    そうした批判を承知のうえで発言、行動しています
    逆にいえば、労働組合や左派政党が無知過ぎて情けないということの表れで
    雇用の確保をまず行い、そのうえで賃金の上昇を狙うのは、マクロ経済政策のイロハのイで
    それが労働組合や左派政党の主張に合致するから、世界では左派政党も政権を担えるのです

    ところが、日本ではこのマクロ経済政策の常識や世界の常識が、労働組合や左派政党に
    まったく通じません
    そういう状況なので、安倍政権は政治的にその間隙を突いたのですが、世界から見れば
    安倍政権は「左派政策」をやっていると判断されています

    「官製春闘」といっても、安倍総理の賃上げ要請は、金融緩和で失業率を下げると
    おのずと賃金が上昇する経済のメカニズムをよく分かったうえで、左派政党のお株を
    奪う政治的な発言ですから、野党やマスコミがマクロ経済理論を理解していれば
    アベノミクスを信任したうえで、もっと踏み込んだ補完政策を提言しなければ
    ならないところです

    この5年間の「官製春闘」の結果、労働組合も、安倍政権が成果を出しているのは
    認めざるをえないでしょうから、この際、成果を出してくれる安倍政権へ乗り換えるのも
    新たな時代の労働組合の役割ではないかと考えます
    経済音痴で増税ばかり言う政治家に投票する気が知れません


    | author : 山龍 | 10:38 AM |