山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2018年06月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
     
  • 時事
    日本社会は他の先進国のように激しい格差はありません
    社会主義民主国家などと揶揄される社会構造が格差を阻んでいます
    しかし、世界を見ると格差はどんどん広がっているという表現を超え
    もはや限界地に近づいているように見えます
    下記はAFPの記事です



    世界の最富裕層1%、富の82%独占 国際NGO
    【AFP=時事】世界人口の1%にあたる富裕層が1年間に生み出された富の82%を独占した一方、所得の低い人口の約半分は財産が増えなかったとの報告を、国際NGO「オックスファム(Oxfam)」が22日に発表した。
     貧困撲滅に取り組むオックスファムは、スイス・ダボス(Davos)で世界経済フォーラム(WEF )の年次総会(ダボス会議)が開催されるのを前に報告書を発表した。
     それによると2010年以来、10億ドル以上の資産を持つ超富裕層の資産は一般的な労働者の資産の6倍の速さで増加。また2016年3月~2017年3月で、2日に1人のペースで超富裕層が誕生しているという。
     オックスファムのウィニー・ビヤニマ(Winnie Byanyima)事務局長はこの結果について、「経済の発展を示唆するものではなく、経済システムの破綻の兆しだ」と声明で述べた。
     オックスファムさらに、女性労働者は男性よりも賃金水準が低く、最低賃金の不安定な仕事に就くことが多いと指摘している。超富裕層の10人中9人は男性だという。
     報告書は、スイス金融大手クレディ・スイス(Credit Suisse)のデータをもとに企業の経営者層や株主の得た利益と一般的な労働者の得た利益を比べたもの。
     報告書によれば、バングラデシュの繊維工場で働く労働者が一生かけて得る賃金に相当する額を、世界のファッションブランド大手5社の最高経営責任は4日間で得ているという。ビヤニマ氏は「私たちの服を作り、携帯電話を組み立て、食物を育てる人々が安価な商品の供給のために搾取されている」と言明した。
     不平等の拡大を解決するため、オックスファムは各国政府に対し株主の配当や経営者層が得る報酬を制限することや、男女の収入格差の是正、脱税の取り締まり、保健医療や教育に対する投資の増大を訴えている。



    富裕層の上位1%が儲けるのは構わないのですが、限度と言うものがあります
    「儲け」はどこで生み出されるのかと言えば「市場」で、市場は多くの一般の方々が
    モノ(事)を売ったり買ったりという営みから創出されますから、営みが破綻をきたす
    ような格差は、まわりまわって富裕層の「儲け」を減らすことになります
    アメリカはさらに富裕層を優遇する税制改革を実行に移しましたが、そういう流れは
    今回で終わりと考えたほうがいいでしょう
    今でも後進国を買えるほどの富を持つ富裕層が何人もいて、彼らの政治的発言や
    献金が社会に影響を与える構造が民主主義を歪めていますから
    まずは「出自」をはっきりさせ国家により富裕層個人や企業を封じ込める方策が必要です


    | author : 山龍 | 12:00 AM |