山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2018年09月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
     
  • 時事
    本はまだ読んでいませんので記事をつけておきます



    米元国防長官が証言「北朝鮮が勝ち目のない戦争に入り込む可能性」
    ウィリアム・J・ペリー
    スタンフォード大学教授
    元アメリカ国防長官(クリントン政権)
    破壊され尽くした沖縄を見たからこそ
    ウィリアム・J・ペリー。クリントン政権で国防長官を務め、北朝鮮が国際原子力機関(IAEA)の核査察を拒否した際、北朝鮮の先制攻撃に対応する「作戦5027」の適用を提案した責任者であり、長官辞任後も北朝鮮の核実験を抑制するための交渉に当事者として関わった人物だ。
    現在スタンフォード大学で教鞭をとるペリー氏は2年前に自伝を出版しているが、北朝鮮の相次ぐ核・ミサイル実験による東アジア情勢の緊迫を憂慮した本人の強い要望により、その日本語版『核戦争の瀬戸際で』(東京堂出版)の刊行が決まった。
    国防・外交の現場を離れたペリー氏が老境においてなお、東アジアの核危機に強いこだわりを見せるのは、彼自身の原初体験によるようだ。同書には次のような記述がある。
    「一八歳になったばかりの一九四五年、私はアメリカ陸軍工兵隊に入隊した。工兵訓練学校で八か月間を過ごしたあと、日本占領軍に配属された。(中略)那覇港に到着したときに見た、市街の光景を忘れることはできない。今日三〇万の人口をもつこの都市が、当時は完全に破壊され尽くしていた。無傷の建物はほとんどなかった」
    「沖縄の市街に入り、破壊された光景を目にしたとき、一八歳の青年が抱いていた戦争の栄光というイメージは雲散霧消した。私はそこで、その後の人生でも忘れることのない二つの教訓を得たのだった。一つは戦争には栄光が存在しない――それがもたらすのは死と破壊のみである――ということである。もう一つは、将来的に核戦争が起きれば、それは死と破壊にとどまらず、文明の終焉をもたらすということである」
    核兵器による破滅の危険性をできるかぎり減らすことは、ペリー氏の人生をかけた課題であり、その原点は、大戦後に日本で彼が目にした光景にあるというのだ。
    前置きが長くなったが、自伝の日本語版刊行にあたって、ペリー氏が自身の体験から深い関心を寄せる朝鮮半島の核危機について、北朝鮮との交渉経験者としての立場から見解を特別寄稿いただいた。
    専門家の予想を上回る核開発のスピード
    私が英語版の自伝を出版した2015年、アメリカは北朝鮮との新たな危機のまっただ中にいた。それは寧辺(ニョンビョン)の核施設査察をめぐる94年の危機よりずっと深刻なものだった。なぜなら、北朝鮮はすでに少量の核兵器に加え、大量の発射可能な短中距離弾道ミサイル、さらには実験中ながら長距離の大陸間弾道ミサイルを保有していたからだ。
    私が国防長官として核査察拒否問題への対処に苦慮していた当時、北朝鮮はまだプルトニウムの十分な抽出にすら成功していなかった。
    しかしその後、北朝鮮は核施設を拡張し、核実験を成功させ、アメリカ本土に着弾可能なミサイルまで開発した。さらに、固体燃料を使用したミサイルの発射実験にも成功し、より効果的な運用が可能になった。
    昨今、日本の経済水域に到達するミサイルを連発し、その能力を誇示していることは皆さんがご存知の通りだ。日本の政治指導者たちのなかには、北朝鮮のミサイル発射基地に対する先制攻撃の必要性を主張する者も出てくるほどで、それだけここ数年の能力向上には著しいものがある。アメリカの専門家のほとんどが予想していたスピードを上回る勢いであることは間違いない。
    北朝鮮の指導者たちは「狂っている」のか
    いまの状況は明らかに危険であり、週を追うごとに深刻化していると思われる。ただし、私が危険だと言っているのは、何も北朝鮮が突如核攻撃を仕掛けてくるということではない。
    北朝鮮の指導者たちが常にリスクを計算してきたことは、歴史が物語っている。韓国に対して法外な挑発行為をくり返し、自国民に情け容赦ない態度で臨むのは、まさにそういう(リスクが低いと判断しての)ことだ。
    一部の人たちが考えているのと違って、北朝鮮の指導者たちは「狂っている」わけではない。北朝鮮は「ならず者」国家であり、世界でもほとんど孤立しているが、それでも指導者たちの行動には確かなロジックがある。その根本にあるのは、体制維持が何より最優先という約束だ。要するに「金(キム)王朝」を存続させることである。実際、彼らは万難を排してそれを実現してきた。
    その点で、北朝鮮はアルカーイダやイスラム国(IS)とはまったく異なる。北朝鮮の指導者たちは自爆攻撃はしないし、殉教することも求めない。彼らが望むのは権力の座に居座ることなのである。もし核ミサイルを発射すれば、国は破壊され、自分たちは殺される、すなわち金王朝が終焉を迎えることを、彼らはよくわかっている。
    金王朝が権力を失うことを覚悟したら…
    核兵器を開発したおかげで、金王朝はかろうじて権力を維持できるだろう。もちろんそれを使わなければ、の話だ。
    とは言ったものの、北朝鮮の核兵器はやはりきわめて危険だと私は考えている。切り札を持っていることで指導者が大胆になり、かつてないほどリスクの高い、自分たちの能力を超えた挑発行為に手を出しかねないからだ。
    そうした挑発に耐えかねた韓国が軍事行動に乗り出せば、アメリカを巻き込んだより大きな紛争へとエスカレートしかねない。言ってみれば、北朝鮮がうっかり大きな戦争--勝ち目のない戦争--に入り込む可能性を否定できないのである。
    そして、金王朝が権力の座から排除されるという帰結がはっきりしたとき、彼らは死に物狂いの最後の一手として、核兵器を使うだろう。私が恐れるのは、北朝鮮が自発的に始める戦争ではなく、そのように彼らがうっかり迷い込む戦争である。それは(核を保有しているからこそ)北朝鮮に内在する危険と言っていいだろう。
    にもかかわらず、愚かなことに、強く脅威を感じさせるような派手で大げさな言葉を弄して騒ぎ立て、危険を煽ろうとする者がいる。北朝鮮は数十年のあいだ、そうした言葉が出てくるのを待っていた。そして最近になってようやく、そんな言葉を好き放題に並べ立てるアメリカの指導者が出現したというわけだ
    中国をパートナーにするしかない
    我が国の外交は北朝鮮に核開発を断念させることに失敗し続けてきた。そして、それを最重要の到達点とする限り、これからも失敗し続けるだろう。しかし、核兵器が生み出す危険を減らすために、実行可能な外交の選択肢はほかにもあるはずだ。
    北朝鮮がすでに使用可能な核兵器を保有している以上、私が外交当事者として交渉にあたっていた90年代以上に強力な外交パッケージを用意することなしには、核兵器の放棄を期待することはできない。
    そしてそうした強力なパッケージを手に入れるためには、中国を交渉のパートナーとして迎えることが絶対不可欠だ。なぜなら、食糧や燃料の支援を断たれる脅威のように、経済活動を妨げる外交パッケージを北朝鮮に突きつけるには中国の協力が必要だからである。
    しかし、そうした類いの協力を中国から引き出すためには、金正恩体制そのものの崩壊を狙う行動には出ないこと、もし仮に体制が何らかの理由で崩壊したときでも、アメリカは部隊を中国に近づけないことを確約しなくてはならないだろう。
    当事者だから得られた「決定的な教訓」
    ただし、たとえこれほどの外交パッケージを用意できたとしても、我々が得られるのはせいぜい、核兵器と長距離弾道ミサイルのあらゆる実験を停止するための基本合意くらいかもしれない。
    この合意は我々が数十年かけて追い求めてきたものとはまったく異なるが、それでも締結する価値はある。我々が直面する目の前の危険を減らし、北朝鮮の核開発を後戻りさせる次なる合意の土台となるからだ。
    こうしたアプローチを採用するよう熱意をもって各国に働きかけることは、私にはできない。しかし、これに代わる現実的な手段は、もはや軍事力の行使しか残されていないのである。ただしその際、北朝鮮はいかなる戦争にも勝てない代わりに、敗北の寸前に韓国と日本に恐るべき破壊をもたらすことができるのを忘れてはならない。
    北朝鮮は世界で最後のスターリン主義体制国家であり、当然ことながらそれは我々が逆毛が立つほど嫌悪する存在である。しかしそれを承知で、北朝鮮との交渉当事者としての経験から私が得た決定的な教訓を、最後に皆さんに伝えておかなくてはならない。それは「我々がこうあってほしいと思うようにではなく、いまあるがままの北朝鮮に対処する必要がある」ということである。



    | author : 山龍 | 12:01 AM |