山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2018年08月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
     
  • 時事
    韓国の中央銀行の韓国銀行が6年5カ月ぶりの利上げを決めたのが
    昨年の12月半ば
    利上げの理由は、家計の負債が急増する副作用が出ているためとコメントがありました
    朝鮮半島有事が起きた場合、韓国経済はどうなるのか考えてみます


    韓国もインフレ目標政策を採用しており、2016~18年の目標は2%です
    10月のインフレ率は、全品目の消費者物価対前年同月比で1・8%
    価格変動の激しい農産物と石油を除いた指数で1・6%でした
    そこで11月30日の金融政策決定会合で政策金利を0・25ポイント引き上げ
    1・5%となりました

    全品目のインフレ率の推移をみると、7月が2・2%、8月が2・6%
    9月が2・1%とインフレ目標を上回っています
    しかし、農産物と石油を除いたものでは、それぞれ1・5%、1・4%、1・4%で
    農産物と石油の変動によって全品目の指数が上振れしていたことがわかります
    これはインフレ目標の運営として、利上げするような状況でもタイミングでもありません

    それを裏付けるかのように、12月に入って公表された11月のインフレ率は
    全品目のインフレ率で1・3%、農産物と石油を除いたもので1・4%でした
    これは、インフレ率の基調を見誤った金融政策の変更なのおですが
    かつて日本も同じことがありました
    06年3月の量的緩和解除です
    その当時に公表されたインフレ率が0・5%程度でしたが、実はこれは物価統計の
    上方バイアス(実際よりも高めになること)に基づくものであったのが資料で明らかになっています
    何が何でも金融引き締めに転じたい日銀は、量的緩和の解除に方向転換し
    長く続くデフレに加速がつきました
    当時の資料を見ると、政府・与党内でこの方向転換を誤りだというのは、竹中氏と
    中川秀直政調会長しかいませんでした
    政府内では与謝野馨経済財政担当相ら大勢は金融引き締め容認派だったので
    日銀に対して政府から議決延期請求権の行使もできなかったようです

    今回の韓国中央銀行の決定も経済指標ではなく、別の思惑があると考えるのが妥当です
    当時の日銀は何が何でも量的緩和を脱するという実績が欲しかったのははっきりしており
    今回の韓国銀行の金融引き締めにも、同じ空気を感じます
    経済データをみれば、金融引き締めのタイミングではない
    しかし、朝鮮半島の緊張が高まる中で、もし有事になれば、韓国からの資本移動が怖い
    これは、1997年のアジア通貨危機で韓国が国際通貨基金(IMF)管理に
    なったことを彷彿させるのでしょう
    特に、今の日韓関係を考えると、当時のような日本からの支援融資も期待できそうにない
    となると、今の時期に利上げして韓国からの資本移動を未然に防ぎたいという
    欲求から、勇み足に出たと見ています

    間も無く、韓国経済の12月の統計が発表されますが、入ってくる話は韓国銀行の思惑と真逆で
    散々な数字が並んでいるようです
    オリンピックで風が吹き、韓国政府も北朝鮮との融和を演出していますが
    市場は冷淡に見ており、もう既にキャピタルフライトが始まっていると見てイイでしょう

    | author : 山龍 | 12:00 AM |