山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2018年05月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
     
  • 時事
    日本のリベラルの問題の縮図が非核です

    現実を直視せず、世界の潮流を読まず、ただただ、理想論ばかり
    「○○する‟べき”」という‟べき論”で、世界が変わると思っているのでしょうか
    世界中の人々は、核兵器など無い方がよいと思っています
    それでも無くならないのは何故なのか
    日本が被ばくし、核の問題が世界の問題になってからも
    核兵器は増え続け、保有国も増え続け、今や危ない国まで拡散している現実は
    自分たちの主義主張が間違っていたと認められないからだとは考えないのでしょうか

    下記は毎日新聞の記事で、何の意味もない、今の記事か20年前の記事か
    主張も手法も、全く進歩がありません

    本当に核を無くそうと思えば手段は一つしかありません
    日本が国力をつぎ込んで核兵器を開発生産し、保有国に対して圧倒的優位に立てるほど
    力も技術も抜きんでることで、現保有国に対して比較優位性が高まり
    保有国同士の話し合いでリーダーシップをとることで、非核化への道筋をリードする

    これしか方法はないのです
    しかし、日本にはその予算がありません
    国民は程度の悪いリベラル系マスコミに洗脳され、何時になっても核保有への道も開けません
    それは国際社会では力のないものと見なされ、発言権すらないのです
    発言権もないものに、非核論者も平和論者もありません
    ただの「外野」、部外者でしかないのです
    そこから生まれるのはICANのようなクズの集団で、発言権すらない日本の総理に的を絞るという
    左巻きに多い内ゲバ的手法を取り、自らのプライオリティを上げるだけで
    核保有国には相手にもされず、なんら具体的な展望を持たない連中です
    「世界の核を無くすために、被爆国の日本が核を持ち、世界の核保有国をリードして
    非核化への道を開いてください」くらい言えんのですか!?
    非核の問題は、反対ばかりで何もしないリベラルが「非核のために核の論議をしましょう
    非核のための核保有であれば、核開発、保有の論議もタブーではない」と言わなければ
    何一つ前に進みません
    リベラルが過去のままであれば、『非核を口実にする既得権者』でしかないのです

    理想論を語り、反対ばかりしていても、具体的で前向きな主張がなければ
    現実の国際社会は1ミリも動かず、逆に、具体的で現実的な手法を語れば
    情報がすぐさま地球の裏側に伝わる現代では無視できないのです
    オバマが核のない世界を語ろうがリベラルの戯言と受け止められたのは
    具体的手法を何ら示さなかったからです
    この数十年、後退しかしていないという現実を、他人を批判せずリベラルは反省するべきでしょ


    <米核態勢見直し>被爆地に衝撃 「無知」に危機感

     トランプ米政権が公表した「核態勢見直し(NPR)」。小型核兵器の導入など、核を使いやすくしかねない政策転換が掲げられ、広島や長崎の被爆者からは、核廃絶の流れが後退することへの懸念や落胆の声が上がった。 8歳の時に被爆した岡田恵美子さん(81)=広島市=は「これまでもトランプ大統領は核戦力の増強をちらつかせる発言をしてきたが、パフォーマンスだと思っていた。『核兵器なき世界』を掲げたオバマ前大統領とは真反対の方向に進んでいる」と肩を落とし、「オバマ氏の広島訪問や核兵器禁止条約の採択など核廃絶へ向かう機運に水を差すもので、絶対反対だし、考えられない」と語気を強めた。一方で「市民も人ごとではなく、危機感を持つべきだ。再び核兵器が使われないために被爆証言も続けていかなければ」と力を込めた。

     同じく8歳の時に被爆し、体験を英語で証言している小倉桂子さん(80)=広島市=の元には、米国の新たな核戦略の指針の内容について事前に報道が出た頃から、米国で平和活動をしている知人らから「事態を憂慮している。皆で声を上げなければ」といったニュースメールが続々と届いたという。

     小倉さんは米国で証言すると、多くの人に「核兵器の恐ろしさを知らなかった」と言われるといい、「無知や無関心が、核運用の拡大につながる。トランプ氏は核被害に無関心だ。広島に来て被爆者の話を聞き、人間性を何よりも大切にしてほしい」と注文した。

     長崎の被爆者で原水爆禁止日本国民会議議長の川野浩一さん(78)も「核なき世界から核戦争時代への前兆ではないか」と懸念。今後、小型核の開発が進めば、「核が使用されてしまう可能性が高まる」とも指摘した。

     昨年、国連で採択された核兵器禁止条約やノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)を「被爆者の希望の灯」とした上で、今回のNPRについて「その灯をかき消す冷や水のようで、がっくりきている」と批判した。【竹下理子、寺岡俊、今野悠貴】

     ◇「世界に逆行」

     日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の木戸季市(すえいち)事務局長(78)は「2010年にオバマ政権が打ち出した方針からの大転換だ。この8年間を振り返ると、昨年、核兵器禁止条約ができたように『核兵器のない世界』へと確かに向かっていた。それに真っ向から対決する姿勢で、本当に恐ろしい」と批判した。小型化の増強については「最初のボタンを押しやすくする危険を感じる」と危機感をあらわにした。

     木戸さんは5歳の時、長崎で被爆。「核兵器を使わせない、二度と被爆者をつくらないため、『核兵器の使用は長崎を最後に』と私たちがいっそう声を上げなくてはいけない」と話した。【福島祥】



    | author : 山龍 | 12:00 AM |