山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2017年12月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
     
  • 時事
    基本的には無視したらいい隣国の韓国のニュースが連日報道されていますが
    あまり反韓意識を増幅させない方がよいかと
    ほっておけばいいのです
    価値観が、あまりに違い過ぎるのですから

    現在の文政権は親北政権ですから、アメリカやイギリスも適当にあしらうような
    付き合い方に終始していますが、日本から見ると親北であろうが親米であろうが
    朝鮮半島に韓国があることが重要で、朝鮮統一は韓国主導でなければ都合が悪いのです

    ロシア経済が落ち込んだせいもありますが、万が一、北朝鮮主導で朝鮮統一が行われると
    当然ながら在韓米軍は撤退し、日本の目と鼻の先に、現在のロシアのGDPを上回る
    核弾頭を保有した反日国家が出来ますから、韓国が長年にわたり訳の分からん
    いちゃもんをつけてきても、最終勧告に至らなかった背景は親北国家が朝鮮半島を
    統一することを避けるためで、アメリカも同じ基準で動いてきました
    正直、韓国がどうこぅではないのです

    現在のトランプ政権はオバマやブッシュより露骨で、先日のアジア歴訪での首脳会談でも
    安倍総理とトランプ大統領は、ほぼ丸二日間ベッタリ話し合ったのに比べ
    文大統領とトランプ大統領の会談は26分(笑)
    それも、挨拶など儀礼を除けば、実質的には15分程度という内容を考えれば
    アメリカが朝鮮有事においても韓国への配慮より、信用できないからコリア・パッシング
    を選択しているのがわかります

    朝鮮有事の際は、在日米軍基地に駐屯するイギリス軍やオーストラリア軍も
    国連軍として出動する可能性もありますから、現在の文政権による親北外交は
    イギリス、オーストラリアの政府でも懸念され、BBCやオーストラリアの公共放送でも
    韓国の姿勢に批判的なニュースが流れています

    ただ、窮鼠猫を噛むではないですが、中国から露骨な嫌がらせを受けている間の韓国は
    政府系の資金で株を釣り上げていた形跡があり、中身が無いのに株価だけが高騰し
    実質バブルの様相すらありますから、北朝鮮包囲網で圧力をかけている業況で
    韓国の経済危機が起きた時は、何をしでかすかわかりませんから、言うべきことは
    言うにせよ、今は必要以上に韓国を刺激するタイミングではないのです


    | author : 山龍 | 12:00 AM |