山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2017年12月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
     
  • 今年のアベノミクス
    話しを国債に戻します
    国債=将来のツケとする人たちは、「財源が足りないなら増税」という近視眼で
    一見ロジックが成立しているように見えますが、まったく破綻したロジックです

    東日本大震災の時の復興増税がそうでした
    復興協議会が立ち上がった時には復興税による増税が既定路線で
    記者会見場の後ろには、財務官僚がずらーと整列、まるでヤクザでした
    「震災を復興するんは財源が必要だ。国民全体で”痛みを分かち合い“
    増税というつらい決断を断行せざるを得ない」などと
    時の与党民主党は、財務省の飾りつけのままピーチク・パーチクしゃべり
    まんまと、日本中が復興詐欺に遭いました
    これは日本人の道徳心につけ込む財務省得意の戦法で、道徳や良心をことさら
    騒ぎ立てる習慣がある日本のマスコミの体質にもマッチしました

    しかし、世界では「震災後に増税?」「日本は本当にクレイジーだ」と嘲られ
    対外的にも日本政府のみならず、世界各所へ出向している財務官僚も信頼を失っています
    どこの世界に災害時に増税する国があるんでしょうか

    災害で消費者マインドが落ち込む中、増税でダブルパンチ
    必然的に消費は落ち込み、それによって税収もダウン
    何一ついいことはありませんし、誰が考えてもバカげた政策でした

    ”普通の国“は、災害費用には長期債を発行し、消費の落ち込みを補うべく
    需要喚起の政策や、消費に直接訴える減税がまともな判断で
    それを復興税で増税したことで「日本はクレイジーだ」と言われたのです

    政治だけが悪いのではありません
    シナリオを描いた財務省はもちろん極刑ですが、それをもっともらしい理屈をこね
    支持した学者たち、反対の異を唱えれなかった復興協議会
    それらをスルーしたバカなマスコミ、皆が共犯です

    『課税平準化理論』で考えても、100年に一度の震災なら100年債を発行すべきでしたし
    この時決まった税に関する法律全てを見直すべきです

    もう、これで5度目の掲載です
    この人たちはアナーキストに近い方々です












    | author : 山龍 | 10:51 PM |