山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2017年12月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
     
  • 今年のアベノミクス
    下記は日経のクオリティの悪い記事です
    「日銀の国債保有残高が大きいので、日銀が大損する」と債券村が騒ぎ
    債券村から多大な恩恵にあずかっている日経新聞が国民をミスリードしています

    ミスリードの内容をわかりやすく説明すると
    「日銀は民間金融機関から大量に国債を買っており、景気が良くなれば国債価格は
    下落するので、景気に連動して金融緩和から金融引き締めに転換すれば
    日銀にとっては逆ザヤが生じ、巨額な損失が出てしまう」というようなことです

    スティグリッツ教授、グルーグマン教授の両名は言うに及ばず、増税派の大好きな
    サマーズ元財務長官ですら、「それの何が問題なのだ」と発言しています
    「日銀の評価損に何の問題があるのだ?」と聞かれた日銀キャリアは
    返答すらできませんでした
    簡単に言うと、「日銀資産の評価損は、政府負債の評価益ですから
    政府と日銀で相殺されます」
    「もし、無知な市場が騒ぎ立てるのを危惧するなら、政府と日銀間で損失補填契約を
    結べばいい」とも発言されています

    こういう考え方。即ち、政府と中央銀行は一体であり統合政府として
    バランスシートを見るという習慣は、経済学者なら当然のことであり
    それが世界の当たり前の常識です

    ところが、財務省の歪曲した国債発表と、世界の経済学から取り残されている日本の学者
    とりわけ、財務省の財政制度等審議会の太鼓持ち委員などが、わかってないのに真顔で
    日本の財政は危ないと話しますから、国民も鵜呑みにしている状態ですので
    世界の常識的な財政のものの見方すらわからないのが現状で、一応、“経済が売り”の
    日経新聞すら、こんなバカげた記事を恥ずかしげもなく掲載します


    日銀の総資産500兆円、FRB超す 見えぬ緩和の出口
    6月末時点
    2017/8/12 20:36
    日本経済新聞 電子版
     日銀の総資産が6月末で500兆円を超え、米連邦準備理事会(FRB)を上回った。国債などの金融資産を大量に購入し続け、何とか2%の物価上昇目標を達成しようと躍起になっている。対する米国や欧州の物価は上昇し、緩和戦略からの出口を探る。米欧から離れ、日銀はひとり資産を膨張し続けるのか。日本経済や日銀の財務への影響を点検する。
     日銀の6月末の総資産は502兆円。国内総生産(GDP)に匹敵する規模だ。1ドル=110円で計算すると4.56兆ドル。6月中にFRB(4.46兆ドル)を上回った。FRBが2008年に量的緩和を始めて初の逆転だ。欧州中央銀行(ECB)の543兆円(4.20兆ユーロ)にも迫る。
     米国は9月にも保有資産の縮小を決め、ECBも資産購入の減額を「秋に議論する」(ドラギ総裁)。日銀が今後も年80兆円をめどに国債を買い増せば、来年にも日銀はECBを上回り、世界最大の中央銀行となる可能性が出てきた。
     日米欧の中銀が国債を買うのは、物価が下がり続ける事態を避けるためだ。大量に買えば市中の金利が下がり、景気回復や物価上昇につながる。欧米は物価が上がり始め、金融政策の正常化を視野に入れる。
     一方、日本の物価上昇率は0%近辺。日銀は金融緩和を続けざるをえない状況だ。7月に2%目標の達成時期を「19年度ごろ」に先送り、それまで資産を増やす方向だ。
     副作用には注意を要する。日銀が大量に国債を買い続け、銀行や生命保険会社など投資家は国債市場から手を引いた。将来日銀が国債を売ろうとしても買い手が少なく、金利乱高下で経済に打撃を与えるおそれがある。
     利上げしたら日銀の財務基盤は不安定になる。日銀が銀行から国債を買うと、銀行はそのお金を当座預金として日銀に預ける。この預金の金利も上げざるをえず、利払い費は増える。7兆円と資産の1%強しかない自己資本を食いつぶし、債務超過になりかねない。
     東短リサーチの加藤出社長は「金利がほとんどない状況では国は借金を増やしやすい。日銀は将来の国民にツケが回るときちんと説明すべきだ」と指摘する。
     もちろん金利低下は設備投資や住宅購入を促す効果がある。円安を招き、輸出企業の採算改善にもつながる。日銀はこうした景気刺激効果と資産膨張による副作用とのバランスが求められる。



    | author : 山龍 | 12:00 AM |