山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2017年09月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
     
  • 捏造記事
    昨日の「今年のアベノミクス」で書いた通り
    財政再建はアベノミクスで完了しました
    それを受けて、IMFもレポートで報じています

    さらに、米誌「アメリカン・インタレスト」と英誌「ファイナンシャルタイムズ」では
    下記のようにIMFの副専務理事のインタビューを掲載
    ここで、「アベノミクスは成功した」、”success”と書かれていますが
    その記事と同じ内容になるはずの記事が、日経新聞では「アベノミクスは未達」と
    明らかな捏造がされています

    まあ、日経なんてクソみたいなクオリティなのは今更驚きませんが
    全国各紙は経済記事が弱いので、その”クソ”みたいな記事を日経から買ってます
    誰に言われたか知りませんが、堂々と捏造記事を書いてるようでは
    会社ごと借金で首が回らなくなるでしょう
    だいたい、今時、英字の記事読んでる日本人がどれだけいると思ってるんでしょうか
    バレないとでも思ってるなら救いようがありません



    ABENOMICS LIVES
    IMF Cheers Abenomics
    Shinzo Abe’s troubled economic program seems to have turned a page, according to the IMF. FT:
    Japan has finally done enough to stimulate its economy and simply needs to keep policy loose until inflation rises, according to an upbeat verdict by the International Monetary Fund.
    In contrast with last year’s urgent call for prime minister Shinzo Abe to “reload” his economic policies, the IMF said it was comfortable with Japan’s policy stance, and declared that Abenomics was a “success”.
    The change in the fund’s position comes after Japan enjoyed its longest sustained run of growth in more than a decade, cutting unemployment to just 2.8 per cent.
    As we noted last month, Japan’s recent growth streak was a positive omen for Abe, whose three-legged policy of fiscal stimulus, monetary easing, and structural reform had until then struggled to reduce Japan’s perennial stagflation. While it’s too early for Abe to declare his mission accomplished—inflation still remains stubbornly low even as growth is rising—the external vote of confidence from the IMF should strengthen Abe’s mandate to carry on with the policy.
    Next on the agenda is ambitious labor market reform to close gaps between regular and non-regular workers. Those reform measures, part of the much-delayed “third arrow” of Abenomics, are now being directly encouraged by the IMF, but they could still face strong headwinds inside the country. According to an April survey, many Japanese businesses (especially in the service sector) anticipate a painful increase in short-term labor costs if the reforms go through. And Abe is pursuing the reforms even as his own approval ratings have plunged, amid charges of abuse of authority and strong-arm tactics in Parliament. He is now mulling a cabinet reshuffle to change the narrative as he prepares to push the labor reforms.
    Abe’s efforts bear watching; the Prime Minister has staked out an ambitious agenda, with his eye on re-election next year that could have him ruling Japan until 2021. Much of Abe’s legacy rests on whether he can finally turn Japan’s economy around. The IMF verdict is a promising sign, but the battle is far from over.



    「アベノミクスは目標未達」 IMF年次審査報告書
    2017/8/1 9:23

     【ワシントン=河浪武史】国際通貨基金(IMF)は7月31日公表した日本経済の年次審査報告書で「アベノミクスは前進したが、目標には未達だ」と指摘し、日銀の金融緩和継続と政府の賃金引き上げ政策を求めた。財政政策は「中期的には健全化が必要」としつつも、短期的な財政刺激策が経済成長と物価の押し上げにつながるとの見方を示した。

     IMFは日本経済の実質成長率が2016年の1.0%から17年は1.3%に加速すると予測する。ただ、海外経済の改善などが主因で「賃金の伸びは弱く、インフレ率は引き続き目標を下回っている」と指摘した。包括的な改革が必要だとして、税優遇などで企業に3%以上の賃上げを促す所得政策などを求めた。

     日本の公的債務は「先例のない高い水準にある」と懸念を示したが、短期的には財政支出の拡大余地があると分析した。IMFは世界的な経常収支の不均衡を不安視しており、経常黒字国の日本に内需の押し上げを求めている。ただ、段階的な消費税率の引き上げなどで、中期的には財政再建が必要だと指摘した。

     31日には5年ごとに審査する「金融システム安定性評価」も発表した。日本の金利低下と人口減が「金融セクターに新たなリスクをもたらしている」と懸念し、収益改善に向けて地方銀行は経営統合が必要だとした。

     報告書をとりまとめた金融資本市場局のガストン・ジェロス氏は「地方銀行は手数料収入を増やす取り組みも求められる」と指摘した。



    | author : 山龍 | 12:00 AM |