山龍ブログ - 誰にも文句言わせへんで!コラム

2017年10月   <<前月 次月>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
     
  • 今年のアベノミクス
    アベノミクスに反対するデフレ派(ほとんどの学者、マスコミ)は
    自分たちが間違いばかり犯したり報道してきたことを隠したいので
    デフレに戻るようにいちゃもんをつけるだけで、経済論理が全く分かっていません
    アベノミクスは間違いません(笑)
    今日の世界の経済学に則って、日本の経済政策を図っています
    アベノミクスのすべてが効果を上げるとは言いません
    現実の社会や経済の動きで、効果が上がらないこともあります
    しかし、それが世界をリードし認められた経済学に沿たものならば
    修正も論理的に行えます

    日本の20年にわたる経済の停滞はの原因は、バブル崩壊後の資産デフレに端を発し
    マクロ的な総供給に対する総需要の恒常的不足です
    このマクロ的不均衡を恒常化させた原因は、バブル以降の稚拙なマクロ経済政策
    特に金融政策な失敗に次ぐ失敗。それを繕うためのさらなる失態、これにつきます

    ここで述べて聞くことは、経済学的に破綻が無いようにしていこうというものであり
    「日本固有の…」とか、「過去の経緯を踏まえて」といった理由で、経済論理性を
    失ってきた金融当局や政府の間違いを認識し、これからの政策に生かすというものです

    『日本経済の長期的に持続した成長は、もう無理だ。日本は衰退期に入っている』
    このような発言や考え方は間違っています
    シャープや東芝の例を断片的にとらえて、日本の経済力に疑問符をつける方がいますが
    こういう意見は、マクロとミクロがごっちゃになっており、情緒的発言です

    『成長』とは?、政府が適切なマクロ政策を実行し、失業率を下げることです
    『景気が悪い』?といのは、失業の拡大です
    資本主義掲示で、何が一番大事なのかと言えば『雇用の拡大』
    この大前提を見誤るから、デフレなどというみっともないことになったのです

    デフレの原因は、総供給に対する総需要の不足
    あくまで需要サイドの問題であり、供給サイドの問題ではありません
    総需要が自律的に回復すれば、失業率は下落し雇用が拡大します
    雇用が拡大すれば、必然的に給与が増え、給与が増えることで消費が拡大するという
    好循環が始まります
    これが『景気回復』です
    総需要が総供給を上回ると、インフレという形で物価が上昇します
    以上のことから、経済政策の肝は『総需要の管理』と結論づけられます

    デフレ派は頭が悪いので、すぐにハイパーインフレだとか動乱を持ち出しますが
    インフレが過熱してしまう条件は2種類しかありません
    一つは、日本も経験した戦後のインフレのように、総需要に対して圧倒的に
    総供給が不足した時です
    戦争が終わり、ほとんどの物資が不足していたために、需要に対して供給が
    滞ったままの時期が続き、過度のインフレになりました
    しかし、近代国家の日本に戦後の例は100%当てはまりません
    先進国における経済学上の解決策が確立しているからです
    解決策は市場金利を上げるか増税するか、この2種類で即時にインフレは収まります
    もう一つは、途上国のように、人口増加、消費の急拡大によって、総供給が総需要を
    状態的に下回る経済です
    しかし、これも時間が解決します
    国の人口増加は一定の規模で止まりますし、需要が爆発している間はインフレですが
    その間に、政府のインフレ整備や産業の設備投資によって総供給力が増し
    適度なインフレに収まります
    この2種類のハイパーインフレ以外に人類は経験しておらず、どちらも処方箋が確立しているのです

    デフレが長く続いたということは、この20年、政策を実行した政府、政策立案に
    かかわった識者、政策立案した中央省庁は、間違っていた、また、状況を認識できていなかったということです
    総需要不足でデフレが継続しているにも0かかわらず、総供給を拡大させるような政策ばかりを打ち
    失業とデフレを、次々に悪化させていきました
    総供給の拡大そのものは、本来極めて望ましい事なのです
    経済全体を見れば、〈(総供給の拡大)=(総需要の拡大)〉=〈(生産の可能性)=(消費の可能性)〉の拡大
    を意味するからです
    しかし、デフレ下では生産能力の拡大は無駄になるばかりか、失業とデフレ加速の要因にしかなりません
    目先の景気ばかりに目を奪われ、マクロ的総需要の管理を怠った結果が
    日本の失われた20年です


    | author : 山龍 | 12:05 AM |