アーティザン「匠」 - 山龍作品に見る職人技の妙

140の楽器が奏でる協奏曲

織り

世界中の織物の産地、世界中の織物の機(はた)、世界中の織物の職人の中でも、群を抜いた存在が西陣の織物です。その織物組織の細密さ、使用する原材料の品質、高度な織機の性能、その織機を掌る職人の技術力、全てが日本はもとより世界一です。

山龍は、世界一高品位な織物を目指し織成(しょくせい、織物を考え作ること)してゆきます。


< もどる